SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Double Platinum / ダブル・プラチナ (1999) (TV) 972本目

ちょっと見たい映画があったので探していたのだけど、中々出てこない。そんな時に目についたので見てみました。ダイアナ・ロスとブランディの歌姫対決。なんて書いたら、ダイアナ・ロスが即効勝つよねー。まあそういう感じの映画でした。

ダイアナ・ロスが久々に本格的に映画に出た作品。1994年に「Out of Darkness」というテレビ映画には出演しているが、大スクリーンに戻るのは「The Wiz / ウィズ (1978)」以来。ダイアナ・ロスは女優としても「Lady Sings the Blues / ビリー・ホリディ物語/奇妙な果実 (1972)」で、アカデミー賞の主演女優賞にノミネートされる位の実力の持ち主。ダイアナ・ロスだけは、ガチで凄いと思う。そのダイアナ・ロスが演じたのが、シンガーとしてのキャリアを追求する為に、生まれたばかりの赤ちゃんを置いて、ニューヨークに出た女性を演じている。で、その娘をブランディが演じている。ブランディはそんな母の状況を知らずに、シンガーを目指している若い女の子。ダイアナ・ロスはここでも素晴らしいですよ。ダイアナ・ロスの歌声もたっぷり堪能できる。でも...映画としては、イマイチかなー。展開が早すぎ。歌に時間を割いているので、物語はそこまで時間を割いていない。なので展開が早すぎる。まあミュージカルにありがちな失敗パターンですね。そしてブランディがこれまたよく泣くんですわ。事情があるとはいえ、泣きすぎなのでドン引き。可哀相と思うよりも、いい加減許してやれや!と思ってしまいます。

そして、ダイアナ・ロスの元夫、そしてブランディのパパを演じたのが、ブライアン・ストークス・ミッチェル。巧いねー。「Jumping The Broom / ジャンピング・ザ・ブルーム 〜恋と嵐と結婚式〜 (2011)」では、アンジェラ・バセットの夫役。目立たない人だけど、素晴らしいです。

でも娘と母のハーモニーが大事だったと思うのだけど、ブランディではちょっぴり役不足。ブランディもテレビで経験積んでいて、才能は十分にあると思う。でもダイアナとはやっぱり釣り合わないかな?80年代頃にダイアナ・ロスホイットニー・ヒューストンで観たかったもねー。いや、ホイットニーだったら、アレサ・フランクリンを母親役で見たかったかも??いや、それか現代でホイットニーが母親役で、ジェニファー・ハドソンが娘役で見てみたかったも!!

感想やあらすじはこちら

(3.5点/5点満点中:3/5/12にDVDにて鑑賞)