SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Double Platinum / ダブル・プラチナ (1999) (TV)

Cast >> Diana Ross (Olivia King), Brandy Norwood (Kayla Harris), Christine Ebersole (Peggy), Allen Payne (Ric Ortega), Brian Stokes Mitchell (Adam Harris), Samantha Brown (Royana), Ed Lover (Party Ardie) ...
Director >> Robert Allan Ackerman
Writer >> Nina Shengold
Producer >> Lynn Raynor, Diana Ross ...

総合ポイント >> 3.5/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 3 Music >> 4

Divas
アトランタでクラブシンガーをしていたオリヴィア(ダイアナ・ロス)。有名なプロデューサーが、オリヴィアをニューヨークに呼び寄せようとしていたが、オリヴィアには事業を始めたばかりの夫アダム(ブライアン・ストークス・ミッチェル)と生まれたばかりの娘ケイラが居た。しかし夫とすれ違いを見せ始め、迷ったオリヴィアは一人ニューヨークへと旅立った。18年後、アダムの店を手伝いながら、18歳になったケイラは歌手になる事を夢見ていたのだった。ひょんな事から、ケイラはラジオの懸賞をあて、とあるスーパースターのライブに招待されたのだった...

常に時代のスーパースターとして歌い続けるダイアナ・ロス。女優としてもアカデミー賞にノミネートと、歌だけでなく演技にもその才能を発揮しているのは、誰もが知っている。そのダイアナ・ロスと、若き歌姫ブランディの共演。ブランディもTVシリーズを経験し、演技にも定評がある。ダイアナ・ロスダイアナ・ロスを演じたかのように、この映画のキャラクターも歌姫。違いがあるとすれば、ダイアナ・ロスはママとしてもしっかり仕事をしていて、子供たちを見事に育て、数人は芸能界で活躍している。そのダイアナ・ロスのママぶりと、歌姫ぶりが発揮されている。やっぱりダイアナ・ロスは凄い!と思わせてくれる。ブランディも才能あるけど、ちょっと泣きすぎかな?そして物語がたまに唐突に展開し過ぎなのが気になった。多分、歌に時間を割いたせいだろう。

歌姫VS歌姫...というよりも、歌姫&歌姫。ラストに象徴されているように、2人の美しいハーモニー。でもやっぱりダイアナ・ロスにはスポットライトが自然に向いてしまうのです...

(3/5/12:DVDにて鑑賞)