SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

The Incident / ある戦慄 (1967)

Cast >> Tony Musante (Joe Ferrone), Martin Sheen (Artie Connors), Beau Bridges (Pfc. Felix Teflinger), Robert Bannard (Pfc. Phillip Carmatti), Ed McMahon (Bill Wilks), Brock Peters (Arnold Robinson), Ruby Dee (Joan Robinson), Jack Gilford (Sam Beckerman), Jack Gilford (Sam Beckerman) ...
Director >> Larry Peerce
Writer >> Nicholas E. Baehr
Producer >> Edward Meadow, Monroe Sachson
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Detachment
ニューヨークの街角。ジョー(トニー・ムサンテ)とアーティ(マーティン・シーン)は、人に迷惑を掛けながら気ままに生きている青年だった。遊び足らずにタイムズスクエアに行く事になった。既に真夜中の3時過ぎ。まだ週末の遊びから家路を急ぐ人達も居て、朝になれば月曜日で仕事に行かなければならなかった。軍人の若い2人、パーティに出席した夫婦、妻の実家から家に戻る子持ちの夫婦、イチャイチャしていた若いカップル、ユダヤ系の老人夫婦、そして黒人夫婦(ブロック・ペーターズ&ルビー・ディ)を乗せたサブウェイは、途中ジョーとアーティが乗ってきて、彼らにとって信じられない長い夜が始まるのだった。

ある狭い空間の中でやたらと気まずく感じる事は、生きていれば多々ある。女の人なら一人でエレベーターに乗っている時に、突然一人の男性が乗ってきて2人きりになると、何だか「何も起こらなければいいが」と不安になる事もある。電車やバスで酔っ払いが乗ってきても同じように感じる。マックでお茶していて、大勢の高校生が賑やかにやってきても「嫌だな」と感じたりしてしまう。同じ空間を共有する以上、そこにはルールがあるのだ。そのルールを平気で破っていく人達、それがこの映画ではジョーとアーティだった。まるでコンビニの前で無駄にたむろする不良のような存在。大人たちは「何もするなよ」と無言で願う。大人は無関心を装う。関わらない方が良いに決まっているからだ。しかしこの映画の舞台となった電車のように狭い空間だと、それすら出来ない。関わらなくてはならないのだ。

しかし面倒な存在が絡んでくると、実は自分達も面倒な存在だった事も明らかになっていく。無関心で避けていた厄介な事。起こるべきして起こった事件。

(11/16/11:TVにて鑑賞)