SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Queen / クイーン (1993)

Cast >> Halle Berry (Queen), Jasmine Guy (Easter), Ossie Davis (Parson Dick), Danny Glover (Alec Haley), Paul Winfield (Cap'n Jack), Martin Sheen (James Jackson Sr.), Raven-Symone (Queen/age 5) ...
Director >> John Erman
Writer >> Alex Haley (story), David Stevens
Producer >> Bernard Sofronski
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

All Hail the Queen!
奴隷の娘イースタージャスミン・ガイ)はマスターの跡取り息子ジェームス・ジャクソン・ジュニアの世話係だった。しかし2人は同世代という事もあって、心惹かれあってしまう。やがてイースターは身ごもり、クイーンが生まれた。しかしジェームスは白人の別の女性と結婚するし出産する。クイーンは世話係として母屋で育てられる事になった。クイーン(ハリ・ベリー)は成長したが、誰が父なのかは知らなかった。やがて南北戦争が勃発し、ジェームスは南部軍として参加する事になり...

「ルーツ」が作家アレックス・ヘイリーの母方の壮大な物語なら、こちらは父方の祖母を追う壮絶な物語。「ルーツ」ではルビー・ディが演じていたクイーンを、こちらではハリ・ベリーが10代から40代?50代?位までを一人で演じております。さすがにハリ・ベリーの南部訛りには思わず失笑してしまいましたが、それ以外は熱演。クイーンが南部女性じゃなかったら、ベリーの演技は完璧だった。
アレックス・ヘイリーの母方は恵まれていたのもあって、雄大で壮大なアメリカの歴史を見せられている感じがしたのですが、父方は壮絶。とくにこのクイーンは時代もあって壮絶な女性の物語を見せられた感じ。なので、女性はこちらのシリーズに共感を覚えるだろう。またアレックス・ヘイリーのラブレター職人の片鱗も見える甘い台詞や物語も女性は気に入るだろう。

女性は強いと言うけれど、これを見たらさすがにそう思うしかない。でも弱さだってあるのだ。その両方がこのクイーンの生き様に見える。クイーンが頑なに大事にしていた物。それは人の命である。

(8/22/11:DVDにて鑑賞)