SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Everyday Black Man / 日本未公開 (2010) 826本目

For Colored Girls / 日本未公開 (2010)」でメッチャ可愛かったテッサ・トンプソンが出演しているインディペンデンス映画。これまた「For Colored Girls / 日本未公開 (2010)」ではメッチャ悪かったオマリ・ハードウィックが共演。ここでもメッチャ悪い。というか、彼はメッチャ悪い奴をやらせたら天下一品。「キックアス」では普通の元同僚だったけどね。ああいう役よりも悪役やれば「キック・アス」でも目立つ事が出来たかもね。クロエ・モレッツちゃんにお尻蹴られちゃえば良かったのよ!

カリフォルニアのオークランドが舞台。音楽だったらトニー・トニー・トニーとか、ラップならトゥー・ショートとかスパイス1とか、後は懐かしいMCハマーとか...実はこの中の誰かがプロデューサーで映画に参加してます。でもオークランドと言ったら、やっぱりブラックパンサー党ですよね。でも全然関係ないです、この映画には。オマリ・ハードウィックはブラックパンサーじゃなくて、ネイション・オブ・イスラム教徒のマリク役。でも実はネイション・オブ・イスラムを隠れ蓑に悪い事をしているのです。ネイション・オブ・イスラムといえば、ビーンパイ。パイを売ってるんですが、実はパイじゃない...みたいな。でもタイトルの「Everyday Black Man(普通の黒人の男)」である主役は、そのオークランドの町の一角で果物や野菜等を置いている小さな商店をやっているモーゼスという男。40代、いや50代位かな?彼はソニーという吃音の男の子を雇い面倒を見ている。まあ、街の気のいいオッサンなんです。その店によく訪れて、モーゼスがいつも店の物を無料で渡しているのが、テッサ・トンプソン演じるクレア。クレアはおばあちゃんと2人暮らし。モーゼスはおばあちゃんにもそのようにしてきたが、今は病院に入院中。クレアのママは小さい頃に亡くなっていて、父親には会った事もない。マリクは、そのモーゼスの店でパイを置いて欲しいと頼みにやってくるのです。モーゼスの店も古くなってたし、余り上手くいっていないのもあって、お金が必要。でも銀行からは融資を断られる。マリクはなぜかそのお金を融資するから、パイを置いて欲しいと言ってくる。店にクレアが居たので、クレアとマリクは惹かれ合う。でもマリクの本性が明らかになってきて...というストーリーです。

ところで、この映画はトニー・トニー・トニーのドゥエイン・ウィギンスが共同プロデューサーとして参加してます!なので、やたらと音楽がいい!!オークランドやね...と思わせてくれます。しかし、本当にオマリ・ハードウィックが悪いのよー。途中は、可愛いテッサ・トンプソンとの激しいキスシーン(右上参照)で良いねーと思わせてくれたのに...というかさ、最初の方は私もすっかり騙されていた訳ですよ!「キック・アス2」では悪役になぜか変身していて、キックガールと対戦してくれないかしらね!!キックガールがやらないなら、私がやるよ!一時期はMichael Beach (マイケル・ビーチ)が、こういう役を演じていたけれど、今はオマリ・ハードウィックに世代交代ね。マイケル・ビーチが目じゃない位の悪よ。テッサ・トンプソンは横顔がたまにリアーナ。どんな服装でも可愛い。楽しみ。それにしても、ソニー君が切なすぎる...

ちなみにこの映画もカーメン・マッデン(Carmen Madden)という黒人女性が監督です!ね、女流監督の波が来てますでしょー。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら。

(4.25点/5点満点中:DVDにて鑑賞)