SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

BET Awards 2009 & Michael Jackson

という訳で一夜あけたBET Awards 2009。やっぱり昨日あげたジャネット・ジャクソンYoutubeは早速削除されてますね。

マイケル・ジャクソン一色。マイケルのお父さんのジョー・ジャクソンがアル・シャープトンと共に出席。
オープニングがいきなり...ニュー・エディションのジャクソン5トリビュート。ニュー・エディションはジャクソン5からヒントを得て出来たボストン出身の少年5人によるコーラスグループでした。Youtubeは消されてますので、こちらでどうぞ。(MTVのサイトでもちょっとだけ見れます)。グループの中ではラルフ・トレスヴァントがマイケル・ジャクソン的存在でした。なのでラルフがメインで歌ってますが...さすが40代のオジサンにはあの音は難しかったのか、声が出てませんでした。ボビー・ブラウンは超太ってしまって誰だか分からなかった。夫とは、あれはジョニー・ギルという事になっていたのだけど、ジョニーは後でオージェイズのトリビュートに参加していて全然太ってないし、昔と変わってなかった。ボビーお得意のベロをペロペロしているので、やっと気づいた位。と、なるとボビーの横でギターを弾いていたのがジョニーかな??でもさすがプロですね。短い練習時間なのによくやってました。ボビーは踊りを良く間違えていたけれど...ボビーですからね。らしいでしょう。

実はニュー・エディションがトリビュートでパフォーマンスをするのは極秘だったのだけど、その前の番組のレッドカーペットでマーロン・ウェイアンズがバラしてしまったんです。司会者とか「僕は知らない!」なんてパニくってました。でもマーロンも言っていましたがうち(ウェイアンズ家)があるのは、ジャクソン家のお陰と言ってましたわ。ウェイアンズ家もジャクソン5の真似とかしてたらしいです。誰がマイケルで誰がティトなんでしょ。ウェイアンズ研究員としては、非常に気になります。

司会のジェイミー・フォックスも終始マイケルのスタイルを真似してました。オープニングではムーンウォークまでやってました。踊りも中々でしたが、さすがに全然足があがってませんでした。でもいい事言ってました。ニューオリンズのお葬式は死を悲しむのではなくて、その人の人生を祝うんだ。だから俺たちもニューオリンズスタイルでマイケルの人生を祝おうじゃないかと。

唯一マイケル色が無かったのが、ビヨンセのパフォーマンスかな?なんであの曲歌ったんだろう?とも思いました。ビヨンセが何か賞を取った後のジェイミー・フォックスの演出が粋でした。ジェイミーはビヨンセの手を取って「今から何か凄い事が起きるから、早く席に急いで」と席までエスコート。ビヨンセも何の事だか分からずパニくってました。普通だったら、裏に帰るのに。で、席についたところでジェイZが登場。

一番びっくりしたのが、私のブログがちょっと予言チックになっていた事。いや実はあの記事を書いた時に、この2人が一緒になったら面白いだろうなーとは思っていました。だから彼?彼女?の写真を探してアップしたのです。私が予言した日はこの日マーティン・ローレンスのシャネーネとジェイミー・フォックスのワンダがコラボしたのです。これは90年代のブラックコメディ好きにはたまりませんのよ。それこそ共演しないと思っていたダウンタウンとんねるずが共演するようなもの。タイラー・ペリーのマディアも入れたかったみたいだけど、ジェイミーの電話に答えなかったみたいで、嫌味を言ってましたわ。

↑見つけたので、アップしてみました。多分これも削除されると思うので、今のうちよ。

でも違和感があったのは、マイケル・ジャクソンの後継者と言われるアッシャーとクリス・ブラウンが出てなかった事。アッシャーは仕事で海外に行っていたらしくて、出席出来ず。でも帰ってから何かの形でトリビュートしたいと声明を出した。クリス・ブラウンは...噂では激怒中のジェイZがクリス・ブラウンを出すなら俺は出ない!と言ったとか... でも同じ理由でビヨンセ対ラトーヤ・ラケットもありましたが、ラトーヤも出てましたからね。真相はいかに?やっぱりアッシャーやクリス・ブラウンのトリビュートも見たかったな。

そしてマイケルの事がなかったら、おそらく私の心を一番奪ったであろう...ニュージャックスイングのリユニオン!!びっくり。Ne-Yoが去年は女性達がトリビュートをしたから、今年は俺が好きなものをトリビュートさせてくれと出てきたのが...いきなりキース・スウェット。わぉ。「I Want Her」を歌ってましたが、あんまり声が出てませんでした。そして次は打ち抜かれました。なんとGuyのリユニオン。わぉわぉ。夫と2人でずーっと「アーロン老けたねー」を連
発してしまいました。でも嬉しかったー。夢見てるのかと思いました。そしてBBD!Bell Biv Devoe, Now you know...ですよ。ポイズンはいつ聞いても体が反応しますね。あの頃のボディコンとか香水とかが、一気に甦ります。でもさすがにオープニングでニュー・エディションとして出てますのでサプライズ度は低いですが、ポイズンですよ。あの3人はニュー・エディションの落ちこぼれ3人なんていわれてますが、何かカッコいいんですよ。出方とかもカッコよくて、リッキーが歌っている時に、マイクとロニーがスタンドをリッキーに集めるとことか、何かカッコいい。ニュー・エディションとは違ったカッコ良さがあの3人にはあるのよね。

「ソウル・トレイン」のドン・コーネリアスまで出てきましたが、やっぱり老けてましたね。オージェイズのトリビュートで特別出演。そのオージェイズのエディ・レバートがマイケルの話している時に思わず「Dance and Sh**!」と言ってしまい大笑い。オージェイズも歌いました。でもスローな曲。夫とは「さすが大御所は頭いいね、踊らなくて済んで歌える曲を選んできたね」なんて言っていたら...「Money, Money, Money, MONEY!」ですよ。あの年で声潰さないで踊って歌えるとは...ニュー・エディションやキース・スウェットは見習って欲しいもの。テヴィン・キャンベルも参加。テヴィンが30代ですもの、私だって年取るわ...って実感。

映画好きには嬉しかった「Baby Boy / サウスセントラルLA (2001)」のリユニオン。タラジ・P・ヘンソンが女優賞を受賞した時にスピーチで「BETはBaby Boyをしょっちゅう放送してくれるので、若い子のファンを獲得出来るの。ありがとう」なんて言ってました。会場にはジョン・シングルトンも居て嬉しそうでした。ヴィング・ライムスも殴りこみ参加。でも司会のジェイミーも言っていたけれど、彼の演技があまりにリアリティぽくって、会場の人は震え上がってました。

最後にジャネット・ジャクソンが登場してくれました。辛い時期なのに一生懸命言葉を選んで話してました。辛いだろうな...

長くなりましたが、そんな感じです。今年のMVPはNe-Yoでしたね。NJSのトリビュートといい、マイケル・ジャクソンのトリビュートといい活躍してました。一番声出てたし。

統括して面白かったのが、去年はバラク・オバマ一色だったのに、今年オバマの名前が出たのはエディ・レバートが公言した一回のみ...

写真などは、こちらへアップしてあります