SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

It's so hard to say goodbye to 2009...

2009年、色んな事がありましたね。
まず1月からバラク・オバマアメリカの大統領に就任。「チェンジ」を訴えたオバマ大統領でしたが、色んな事が本当に「チェンジ」した年でした。

私的にも環境が大きく変わる「チェンジ」が沢山ありました。「映画秘宝」さんに起稿というチャンスを頂きました。マニアなファンの多い「映画秘宝」さんを通じて、またブラックムービーが少しでも広められたらいいなーと思います。と、いい事が多かったです。

そして夏にはあのマイケル・ジャクソンが死亡。世界中に衝撃が走りましたね。そして「Michael Jackson's This Is It / マイケル・ジャクソン THIS IS IT (2009)」の大ヒット。死亡してから色んな事実が発覚。もっと早くに知りたかった。
そして元フットボール選手で画家のアーニー・バーンズも死亡。年明け早々に名バイプレイヤーのバーニー・ハミルトンが亡くなっていた事も分かった。

ブラックムービーも「チェンジ」の1年でしたね。去年からインディペンデンス映画祭を賑わしていた「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」が無事に全米ワイド公開となり、今年は大きな映画祭を賑わせている。こんな風に2年越しで賑わせる映画も珍しい。そして前から書いている通り、この映画がオスカーを受賞となったら、本当にブラックムービーは「チェンジ」の年となるでしょう。黒人監督で黒人俳優が主役で活躍する映画が、オスカーを受賞した事は無いですから。

そして以下が今年のブラックムービーの興行成績トップ10

1. Madea Goes to Jail / 日本未公開 (2009) – $90,508,336
2. Law Abiding Citizen / 完全なる報復 (2009) – $72,677,191
3. Michael Jackson's This Is It / マイケル・ジャクソン THIS IS IT (2009) – $72,091,016
4. Obsessed / オブセッション 歪んだ愛の果て (2009) – $68,261,644
5. The Princess and the Frog / プリンセスと魔法のキス (2009) – $66,750,505
6. The Taking of Pelham 123 / サブウェイ123 激突 (2009) – $65,452,312
7. I Can Do Bad All by Myself / 日本未公開 (2009) – $51,733,921
8. Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009) – $42,004,270
9. Notorious / ノトーリアスB.I.G. (2009) – $36,843,682
10. The Soloist / 路上のソリスト (2009) – $31,720,158

タイラー・ペリーとジェイミー・フォックスが2本も入ってるのが凄いですね。ビヨンセの「Obsessed / オブセッション 歪んだ愛の果て (2009)」が4位というのも驚き。いつの間に稼いでいたんでしょうか?それにしても、殆どが日本未公開って!!!!!(怒)

しかしスターの来日は今年は濃かったですね。「The Taking of Pelham 123 / サブウェイ123 激突 (2009)」のデンゼル・ワシントンは日本の地下鉄で「電車がまいります」とか言わされてましたね。「G.I. Joe: Rise of Cobra / G.I.ジョー (2009)」でマーロン・ウェイアンズが日本にやってきたというのに、見事に私の17年間の思いは玉砕されました。私の王子キウェテル・イジョフォー王子も雨と共に来日

来年こそは日本でももっとブラックムービーが公開される「チェンジ」の年となりますように... そして私ももっと映画が見れますように!

私の今年のベスト10映画もやりたいのですが、別の形でまた今度。恒例となっている「BEST OF SOUL」は今年劇場で見れなかった映画がDVDで発売されるだろう3月以降にやります。

ずっと書けていなかった5本の映画感想もようやく書き終わりました。私の中では大掃除を終えた気分です。昨夜の夜中の2時までかかってしまいましたが... 年明けから徐々に100本映画でここにもあげていきたいと思います。もっと書きたい事あるし!

何だかとってもラッキーだった2009年とお別れするのは辛いですが...皆様の2010年が良い年になるようにお祈りをすると共に...よいお年を!!