SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Thank you 2008!

今年1年のブラックムービーを振り返ってみます。
ブラックムービーらしい1年だったと思います。ブラックムービーの鬼才スパイク・リーの「Miracle at St. Anna / セントアンナの奇跡 (2008)」や「Ray / レイ (2004)」や「Dreamgirls / ドリームガールズ (2006)」の流行の流れを受けての「Cadillac Records / キャデラック・レコード (2008)」が公開されました。監督も俳優も活躍出来た年だったと思います。
ブラックムービーと言えばインディペンデンスという事で、インディペンデンス映画祭を騒がせたのがコケイジアンが監督ながら南部の黒人がテーマの「Ballast / 日本未公開 (2008)」が大注目されました。また黒人がテーマでない映画「The Curious Case of Benjamin Button / ベンジャミン・バトン 数奇な人生」という作品ではタラジ・P・ヘンソンが、「Doubt」という作品ではヴァイオラデイビスの演技が注目を集めています。
そしていつものようにウィル・スミスやサミュエル・L・ジャクソンが興行成績で大暴れしました。サミュエル・L・ジャクソンは「Soul Men / ソウルメン (2008)」で共演したバーニー・マックアイザック・ヘイズを一気に失いました....
という訳で、今年惜しくも亡くなった人々。

2008-12-25 アーサー・キット (俳優・歌手)
2008-12-09 ディアンジェロ・ウィルソン (俳優)
2008-12-03 オデッタ (歌手)
2008-10-19 ルディ・レイ・ムーア (コメディアン・俳優・歌手)
2008-10-17 フォー・トップスのレヴィ・スタブス (歌手)
2008-09-17 ノーマン・ホイットフィールド (プロデューサー)
2008-08-21 ジュリアス・カリー (俳優)
2008-08-10 アイザック・ヘイズ (歌手・俳優)
2008-08-09 バーニー・マック (コメディアン・俳優)
2008-06-02 ボ・ディドリー (歌手)
2008-03-31 ショーン・レバート (歌手)
2008-03-18 アイヴァン・ディクソン (俳優・監督)

アイヴァン・ディクソンはファンレターを書く位好きだったので、今年は本当に心を痛めた1年です。ドールマイトルディ・レイ・ムーア、そして続けてなくなったバーニー・マックアイザック・ヘイズ。アーサー・キットも自伝映画が出来るというニュースを聞いたばかりだったのに... ジュリアス・カリーは彼の代表作「The Last Dragon / ラスト・ドラゴン (1985)」がリメイクされ、サミュエル・L・ジャクソンが演じるというニュースもありました。

驚きのニュースだったのが、モーガン・フリーマンの事故、そして離婚・不倫。あまりにもインパクトあったのか、私はモーガン・フリーマンと怪しい関係になる夢を見てしまいました... 後はジェニファー・ハドソンの家族の悲劇のニュースも驚きました。ワンダ・サイクスのカミングアウトも驚きました。それまでその雰囲気の微塵もありませんでしたので。でも幸せならそれで嬉しいです。今考えて見ると、彼女のスタンダップコメディには男性と何かあったのかな?と思わせる節はあったようにも思えてきます。心配なのがキャット・ウィリアムス。彼の奇行や精神状態がちょっと心配。

今年はなんと言ってもオバマオバマオバマ...でした。未だに11月4日の事を思い出すと涙が出そうです。これからの映画界もバラク・オバマの影響が見えてくると思います。取りあえず「Seven Pounds / 7つの贈り物 (2008)」とか「Traitor / トレイター 大国の敵 (2008)」がそんな感じで「Yes, We Can!」な映画でした。これから絶対にオバマとその一家の自伝映画は作られるでしょうし... 各方面に影響を多大に与える事になるでしょう。彼の存在のお陰で希望が見える1年でした。

エンターテイメントの皆様、今年1年本当にありがとうございました。そして今年惜しくも他界された人々、貴方達が残してくれた作品を思い出に永遠に心に刻んでいきます。ありがとうございました。