SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Soul Men / 日本未公開 (2008)

Cast >> Samuel L. Jackson (Louis), Bernie Mac (Floyd), Sean Hayes, Jennifer Coolidge, Isaac Hayes, Sharon Leal, John Legend ...
Director >> Malcolm D. Lee
Writer >> Robert Ramsey, Matthew Stone
Producer >> David T. Friendly, Charles Castaldi, Steve Greener

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

'Cause you ain't seen nothing yet, I'm Soul man...
マーカス・フック&ザ・リアル・ディールは、60年代にメンフィスにて友人3人が集まって結成されたコーラス・グループだった。数々のヒットを飛ばして人気となったが、マーカス(ジョン・レジェンド)がソロ転進をきっかけに解散。ルイス(サミュエル・L・ジャクソン)とフロイド(バーニー・マック)はザ・リアル・ディールとして活動するも、マーカス程の人気にはならずに自然消滅。しかも2人は喧嘩ばかりで20年も口をきいてなかった。しかし、マーカスの訃報を聞き、マーカスの所属レーベルが追悼の為に、ザ・リアル・ディールの再結成を要請するが...

タイトルといい、設定といい、ソウル好きの心をくすぐる映画だ。この在り来たりな設定こそが、ソウルらしい。人によって思い浮かべるグループこそ違うかもしれないが、「もしかしたらあのグループかも?」と我々の想像を掻き立て笑わせてくれる。
また「レイ」や「ドリームガールズ」等の作品の成功で増えてきた音楽系映画の面白い所を、監督のマルコム・D・リーらしい遊び心で楽しませてくれる。クリオの彼氏レスターのレコーディングシーンは「ハッスル&フロウ」のパロディチックだ。
また監督はバーニー・マックらしさやサミュエル・L・ジャクソンらしさも忘れてはいない。彼等の魅力が台詞等で最大限に生かされている。また監督の演出はバーニー・マックアイザック・ヘイズ両氏の最後に相応しい演出をしている。アイザック・ヘイズが「Never Can Say Goodbye(さよならは決して言えない)」と歌えば、バーニー・マックは観客の前でエロい事を言って笑わせている。

バーニー・マックアイザック・ヘイズもこれが最後だ。でも最後とは思わせない程にゴキゲンに踊り歌いまくっている。そうだ、これがソウルな男達の姿なのだ。

(11/11/08:劇場にて鑑賞)