SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Solomon Northup's Odyssey / 日本未公開 (1984) (TV)

Cast >> Avery Brooks (Solomon Northup), Rhetta Greene (Jenny), Art Evans, Joe Seneca (Noah) ...
Director >> Gordon Parks
Writer >> Solomon Northup (book), Lou Potter, Samm-Art Williams
Producer >> Yanna Kroyt Brandt

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

What "Freedom" Means
1841年ソロモン・ノーサップ(エイブリー・ブルックス)はニューヨークのサラトガスプリングで様々な仕事をしながら、自由黒人として妻と子供3人と暮していた。バイオリン弾きの才能のあったソロモンは、たまにパーティ等に雇われていた。その時にサーカス団の2人が働いて欲しいと多額の出演料をオファーした。しかしワシントンDCに行かなくてはならず、メイソンディクソン線を越す事になる。ソロモンは2人にちゃんと自由黒人として扱ってもらえる事を約束させたが...

ソロモン・ノーサップはフィクションじゃない。実在した人物だ。彼は自由黒人として暮していた。しかし罠にはめられて、12年間も奴隷として働かされた。ニューヨークでは自由黒人であっても、メイソンディクソン線を越してしまえばそんな事は関係ない。黒人に人権などないのだ。1863年奴隷解放宣言が出されている。ソロモンが奴隷というものから開放されたのが1853年。ちょうど10年前。でもソロモンは1841年にワシントンDCで誘拐される前まえでは、自由だった。裕福ではなかったが、自由があった。ソロモンはその自由を誰よりも愛していた。だから奴隷となった時には、元々奴隷だった黒人とは意識が全然違う。その衝突する場面も興味深い筈だ。誰よりも自由への執着心が違う。でも、それだけでは生きていけない。老人の奴隷に毎回のように宥められる。彼はその先、また自由を手にする事が出来るのか分からない。絶望的になりながらも希望を失わずに自由へと戦う。老人はその術を教えているようだった。
そしてラストには「みんなも一緒に連れて帰りたい」と話す。しかし老人は「俺たちが助けが必要な事をみんなに言ってくれ」と話す。老人にもソロモンにもその意味が分かっていたのだ。だから本という形に残した。150年を経ても、我々に伝わっているのだから。

彼は誰よりも「自由」という意味を知っていた。自由を一度失った人間だからこそ見えた自由の意味。自分の体験を本に残し、それが後に映画となる事で、我々は本当の「自由」という意味を知る事だろう。

(11/03/08:DVDにて鑑賞)