SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

バーニー・マックとアイザック・ヘイズ

未だ信じられないバーニー・マックアイザック・ヘイズの死亡のニュース。第一報が伝えられてからの各方面のリアクション。
昨夜はCNNの人気番組のラリー・キング・ライブにてバーニー・マックの追悼番組が放送された。ラリー・キングは「The Original Kings of Comedy / キング・オブ・コメディ (2000)」で一緒にツアーを回ったセドリック・ジ・エンタテイナー、DLヒューグリー、スティーブ・ハーヴィの3人を招いて(ハーヴィは中継)話を聞いていた。ツアーでのバーニー・マックとの思い出等を3人で語った。3人共に、今週末シカゴで行われるお葬式に出席する予定。「Guess Who / ゲス・フー/招かれざる恋人 (2005)」で共演したアシュトン・カッチャーも番組に出演して、撮影時の思い出を語った。またカッチャーの妻であるデミ・ムーアも「チャーリーズ・エンジェル」で共演しているので、その事にも触れられていた。更に、バーニー・マックの人気を全国化したTVシットコム「The Bernie Mac Show」で共演し、番組で家族を演じた面々が出演し思い出を語った。また、司会のラリー・キングが「Mr. 3000 / Mr.3000 (2004)」に特別出演しているのもあって、そのシーンが流された。

バーニー・マックと親交のあった友人等の声明はこちらで読める。「Soul Men」で共演したサミュエル・L・ジャクソンバーニー・マックに対して「長年友人だったのでようやくSoul Menで共演できて幸せだった」と答えている。また「Head Of State」で共演したクリス・ロックは「バーニー・マックは一番面白いコメディアンだった。でもそれは彼がした素晴らしい事の2番目。1番目は私にとって1番素晴らしい友達で居てくれた事」と述べている。セドリック・ジ・エンタテイナーは「この寂しさを言葉だけで表すのは辛い」と答えた。

またバーニー・マックアイザック・ヘイズの遺作となった「Soul Men / ソウルメン (2008)」は、今年の11月14日に公開が予定されていたが、2人の死を受けて来年まで公開が伸びる事が決定したそうだ。11月では公開が早すぎるというのがその理由。

Soul Men: Moving On Without Isaac Hayes And Bernie Mac

またバーニー・マックの義理の姉妹である人物がバーニー・マックの最後を「People」誌に語った。病院で向かえた最後はマックの妻と娘も居たという。妻のラフォンダが笑顔で「置いて行かないで。貴方が戻ってくるのを待っているから」と語りかけると、マックは肩をすくめたという。それはマックからの「体が疲れた」というサインだとラフォンダは受け止めたという。

Bernie Mac's Death: What Happened? | PEOPLE.com

バーニー・マックの30歳になる娘ジェニースもメディアに語った。マックが居る時は笑いが耐えなかったという。そしてジェニースには1歳になる娘がいて、お爺さんとなるマックがどんだけ孫を愛していたかというのを知らないのが寂しいと答えている。孫と娘ジェニースの写真はこちら
Black Entertainment News | African American Current News | EURweb.com

バーニー・マックのお葬式はシカゴのとある場所で8月16日にプライベートで行われる。パブリックにもシカゴの「House of Hope」で行われるがまだ日程は決まっていない様子。マックの家族は、お花等の代わりにマックが患っていたサルコイドーシス病の基金バーニー・マック・サルコイドーシス・ファンデーション」への募金を求めている。
Bernie Mac Foundation for Sarcoidosis
40 E. Ninth St., Suite 601,
Chicago IL 60605 USA


またアイザック・ヘイズの死は脳卒中だったことが明かされた。追悼式はテネシー州のコードバの「Hope Presbyterian Church」で月曜日の11時から2時まで行われる予定。こちらも家族はお花等の代わりにアイザック・ヘイズのファンデーションへの寄付を求めている。
Stax Music Academy in Memphis, made out to Soulsville,
c/o In memory of Isaac Hayes
926 E. McLemore Avenue,
Memphis, TN 38106
メッセージ等はmessage@isaachayes.comまで。

アイザック・ヘイズがオスカーのオリジナル・ソング賞を獲得した「シャフト」の主役を演じたリチャード・ラウンドトゥリーが声明を発表している。「彼は暖かくて優しくてソウルだった」と答えている。
Black Entertainment News | African American Current News | EURweb.com
他の友人達のメッセージは、こちら