SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

アイザック・ヘイズの葬儀にスターが集まる

Soleさんも触れていたが、とっても静かだったアイザック・ヘイズの葬儀。でも実際には多くのスターが集まっていた。静かだったのには訳があったようで、彼がサイエントロジーであった事が関係ありそうだ。それによって葬儀も2回に別けて行われた。日曜日には、サイエントロジーとは関係ないデンゼル・ワシントンやウエズリー・スナイプス、ブーツィー・コリンズチャックDモーリス・ホワイトジョン・シングルトン監督、クレイグ・ブリューワー監督、オリジナルシャフトを演じたリチャード・ラウンドトゥリー、ジェシー・ジャクソンとアル・シャープトン等が参列。月曜日にサイエントロジーが式をとった際には、トム・クルーズや教会幹部のトム・デイビスとその妻であり女優のアン・アーチャー、ジョン・トラボルタの妻のケリー・プレストンチック・コリア、マーク・イシャム、ダグ・E・フレッシュ等が参列したという。

Black Entertainment News | African American Current News | EURweb.com

また、テネシーの下院議員のスティーブ・コーヘンは、テネシーの空港を「アイザック・ヘイズ空港」という名前に変更する提案を出し、会場からは大きな拍手で認められたが、空港関係者によると、その実現は無いとの事。

Black Entertainment News | African American Current News | EURweb.com

また生きていれば8月20日で66歳の誕生日だったアイザック・ヘイズ。ヘイズの息子であるアイク・ダーティが、その父の誕生日を皆で祝う為に8月20日にボールド(頭を丸める)事を提案している。

http://dirtynthebeest.com/?p=964