SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Ganja & Hess / 日本未公開 (1973)

Cast >> Marlene Clark (Ganja), Duane Jones (Dr. Hess Green), Bill Gunn (George), Sam Waymon (Reverend Williams), Leonard Jackson (Archie) ...
Director >> Bill Gunn
Writer >> Bill Gunn
Producer >> Chiz Schultz
Genre >> Horror

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

In the name and blood of Jesus
ドクター・ヘス・グリーン(デュアン・ジョーンズ)は考古学と地学の学者だった。ある日、アフリカのアンティークな杭で3回刺された。しかし彼は死なずに生き残り、バンパイアとなっていたのだった。ヘスを刺した男ジョージ(ビル・ガン)の妻ガンジャ(マーレン・クラーク)が夫を探しにやってきた。ヘスの豪勢な暮らしぶりに憧れたが、ヘスの秘密を知り...

ブラックスプロイテーション全盛期に作られたバンパイアのホラー映画。「ブラックスプロイテーション」という物に翻弄された作品でもある。私が見たのは後に再構成された完全版だが、この作品は監督の意思とは反してドライブイン用にズタズタに構成されて世出た作品でもあった。この完全版は素晴らしい。一筋縄ではいかない雰囲気を醸し出し、実際にすぐには理解出来ない部分もある。でも他の作品とは大きく違うオリジナリティと挑戦的な部分、そして前衛的であり芸術的な作品である。メルヴィン・ヴァン・ピープルスの「スイートバック」を思い出されるシネマトグラフィのオシャレさ、クレジットの出し方から、3部構成にしたり、男と女の裸体の美しい撮り方、キリストとバンパイアの関係、黒人の環境や苦悩、中毒性や自殺等のキリストのタブー...の全てがつまっている。それだけに分かりにくく取っ付きにくい作品ではあるかもしれない。
まず取っ付きにくいのが、アフリカの女王と007を思わせる白人の仮面を被ったジェントルマンの両方から手招きをされる。両者は別々に出て来るので分かり難いかもしれないが、私はアメリカ黒人の環境ではないかと感じた。アフリカ回帰的(分離)か、アメリカ社会に馴染む(同化)のかを迫られているように思えた。
またキリストとバンパイアの関係。バンパイアが苦手とされている物の殆どがキリストに関する物である。キリスト教によって生まれただろうバンパイアという怪物が、自分の中毒性を絶ちに教会に行きサルベイション(救済)を感じるのが興味深い所。

何より取っ付きにくいのが、この映画で一度も「バンパイア」という言葉が出てこない不可解さ。しかし、これらの不可解さが余計にバンパイアという存在を感じる事になるだろう。

(7/29/08:DVDにて鑑賞(完全版))