SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Death Of A Snowman / 日本未公開 (1978)

Cast >> Madala Mphahlele (Luther 'Snowman' Daniels), Nigel Davenport (Lt. Ben Deel), Ken Gampu (Steve Chaka) ...
Director >> Christopher Rowley
Writer >> Bima Stagg
Producer >> Martin Wragge
Genre >> Action
Country >> South Africa

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

After Death of Blaxploitation
南アフリカヨハネスブルクにて、ギャングの一人が殺された。現場には刑事のディール(ナイジェル・ダヴェンポート)と新聞記者のスティーブ(ケン・ガンプ)が駆けつけた。それから幾度も地元のギャングが殺される事件が発生。スティーブの書いた記事を見て、犯人がスティーブに接触し、単独インタビューに応じた。彼らは街のギャングを一掃する「ウォー・オン・クライム(War on Crime)」という集団だという。そんな彼らをヒーロー扱いする者も居たが、ディール刑事とスティーブは何か別の目的があると信じていた...

南アフリカ産のブラックスプロイテーション映画である。面白い事にアパルトヘイトの中での作品なのに、アパルトヘイトという言葉は一切出てこない。舞台を南アフリカにしただけのブラックスプロイテーション。これがロサンジェルスやニューヨークが舞台でも通用するだろう。アフリカらしさはひとつもない。でも、これは面白い。白人の刑事と黒人の新聞記者が同等に事件を追う。しかも協力して。今の時代にこの作品を見たら、アパルトヘイトの時代だと忘れてしまうだろう。そして悪人も黒人と白人の混合なのである。脚本はこの映画でも悪人役で出演している白人のビマ・スタッグ。スティーブというキャラクターを上手く膨らませていたと思う。最後の種明かしも中々。

作りもかなりスタイリッシュ。特に最後のエンディングはカッコ良い。曲もアメリカのブラックスプロイテーションに負けない位のファンク。1978年はアメリカでは完全にブラックスプロイテーションは死んでいた。南アフリカの地で復活していたとは!!

(1/22/11:DVDにて鑑賞)