SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

King / 日本未公開 (1989) (TV)

Cast >> Paul Winfield (Martin Luther King Jr.), Cicely Tyson (Coretta Scott King), Ossie Davis (Martin Luther King Sr.), Al Freeman Jr. (Damon Lockwood), Howard E. Rollins Jr. (Andrew Young), Art Evans (A.D. King), Roscoe Lee Browne (Philip Harrison) ...
Director >> Abby Mann
Writer >> Abby Mann

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Try to live up for his courage
コレッタ・スコット(シシリー・タイソン)は、大学在学中に友人に頼まれて近くの大学に通うマーティン・ルーサー・キング・ジュニア(ポール・ウィンフィールド)とデートする事になった。惹かれあった2人は結婚して、マーティンはアラバマのモントゴメリーにある教会で牧師となった。モントゴメリー到着後、まもなくしてローザ・パークスがバスでの差別に反論して逮捕され、バスボイコット運動が始まった。マーティンはその運動のリーダーとなりSCLCを設立した。それから12年にも及ぶ、キング牧師の差別に対する非暴力運動の戦いの記録である...

今では手放しでその功績が称えられているキング牧師ですら、当時は多くの批判、そして信じられないような暴力を受けていた。彼は高い給料が確保されている政治家でもなんでもない。勇気で立ち向かう1人の男性。その勇気ある男性の12年間の戦いを描いたドキュメンタリーのような映画。物語には思えない。もちろん物語のもつ豊富な面白さは失われていない。ただ実際の映像で見たようなインパクトのある絵が多い。キング牧師を演じたポール・ウィンフィールドのキング牧師が蘇ったかのような熱のこもったスピーチもその1つ。数々の有名なスピーチに隠されたキング牧師の苦悩。それを支える人々の苦悩。たまに白黒の実際の当時の映像が混じるが、キング牧師の姿はポール・ウィンフィールドが徹底して全て演じている。

あれだけの批判や暴力を受けながらも、精神は揺るがなかったキング牧師。非暴力運動の大変さを知ると共に、その運動の絶対的な強さと健全さを知る。それでも周りで支援しているものは疲れてしまう。その時にキング牧師の父親が言う「彼の勇気の為に生きてみようかじゃないか」と。我々もキング牧師の勇気の為に生きてみようじゃないか...と大きな勇気が実る大作。

(4/4/08:DVDにて鑑賞)