SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Letters to a Young Brother - Hill Harper

Letters to a Young Brother: MANifest Your Destiny

Letters to a Young Brother: MANifest Your Destiny

映画やテレビ等で御なじみの俳優ヒル・ハーパーの書いた若者い男の子達への啓蒙書。私、ずっとこの人は私と同じ年で30代だと思ってました。バラク・オバマとハーバードの法学部でクラスメートなんですよね。あれ?計算が合わない。ハーパーは今年42歳なんですって。若いですねー。私、大学も勘違いしてました。ずっとイェール大学卒だと思ってたんです。
いや、この前のNAACPのイメージアワードの時も素敵だと思いましたが、この本でも本当に素敵。いやこの本を読んだ後だと、あのイメージアワードのスピーチはもっと感動出来るかも。ただちょっと真面目過ぎるので、若い男の子は聞かないんじゃないかなーとも思いますけど... また親が2人共に医者という事で、やっぱりちょっとお坊ちゃまな感じはするかな??頑張れ!と若者を応援しているけれど、若者はそういう環境の違いで距離を感じるかもしれないですね。初体験を渋った話、私と全く理由が一緒だったのもびっくり。私も真面目だけれど、ハーパーも相当真面目ねー。
バラク・オバマをはじめ、友人のガブリエル・ユニオンやアンソニー・アンダーソン等も若者へのメッセージを綴っております。

あ、後やっぱりここで書いたんですが、アルフレ・ウッダードヒル・ハーパーはかなり熱心なオバマ支持者。オバマが下院議員の選挙での失敗をあげて、「彼はあの時失敗したけれど諦めなかった。悲しかっただろうし、失望もした。けれど、それは少しの間だけ。その後、もっともっと努力して今じゃアフリカ系アメリカ人として3人目の上院議員となったんだよ」と、若者を励ましております。

でも読んだ後はやたらと前向きになれる本です。確かにお坊ちゃまではあるけれど、両親が離婚してその両方を行ったり来たりなど、彼なりに色々な困難な事を乗り越えてきたからこそ、今の素敵なヒル・ハーパーがあるのだと思いました。実は「Strapped」をいう映画を見た時にちょうど読んでいた本なんです。だから感想でやたらと熱くなっていたんです、私。若い男の子向けの本ですが、こんなオバサマでも十分に勇気とやる気を与えてくれる本でした...