SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

President Barack Obama: The Man and His Journey / 日本未公開 (2009) (Video) 106本目

はい、出ました。大統領候補となってからも、様々なドキュメンタリーが作られていますが、大統領となってからは第1段目。就任式に合わせて発売されました。だからタイトルもちゃんと「バラク・オバマ大統領」となっているのですよ。しかもちゃんと映画制作会社が作っています。本当は、エドワード・ノートンが製作しているオバマのドキュメンタリーが一番見たいんですけどね。大統領に立候補する前から追いかけているんですもの。面白い筈。という訳で、こちらは「エボニー」や「ジェット」という黒人カルチャーに興味ある方なら、一度は洋雑誌店で覗いた事や買った事があるアメリカの黒人向け雑誌を発行しているジョンソン出版社と、最近やたらとインディペンデンス映画を製作している「コードブラック」という映画制作会社が組んで製作されたバラク・オバマ大統領のドキュメンタリーです。政治家としてのオバマを追ってます。なので、生い立ちなどは期待できません。

ジョンソン出版社の創立者ジョン・H・ジョンソンはアーカンソーで生まれたけれど、環境が悪い為にシカゴに移住して大学まで通って、出版社を立ち上げた人。この前も書いたけれど、なぜかシカゴに落ち着く人が多いですよね。オプラ・ウィンフリーもそう。彼女も南部から結局シカゴに移って成功して移住している。と話しがズレましたが... 今は、ジョン・H・ジョンソンが他界してしまったので、娘のリンダ・ジョンソン=ライスが後を継いでいます。オバマとは15年来の知人だそう。シカゴの黒人社交界は今熱いでしょうね。

俳優のブレア・アンダーウッドがナレーションを務めています。いい声。なんでも彼が出演していたテレビシリーズ「L.A.ロー 七人の弁護士」での役がハーバード・ロー・レビューの編集長という、オバマを連想させる役だったそうです。オバマに会った時に「あれは私がモデルでしょ?」と言われたらしいです。

後はオバマとそのハーバード大で同級生だった友達のヒル・ハーパーも出演。こちらは、ミシェル・オバマに語ったオバマの言葉がとっても印象的。結婚する前に「お金持ちになる事は約束出来ないけれど、意味ある生活が送れる事は約束するよ」と語ったそうです。

やっぱり11月4日の映像を見ると、未だにあの喜びが甦ってきます。でも黒人の人の大半はオバマをデイ1...つまり大統領戦に出馬すると発表した日から応援していた訳じゃなかったですよね。発表した時、イリノイ州住民以外は「オバマって、あの前に民主党大会で演説した若い人でしょ?」位が大半だったと思う。みんなが「オバマ、凄くない?」って思い始めたのは、黒人人口が少ないアイオワ州を制して、でもニューハンプシャーで負けてしまったけれど素晴らしい演説をして「この人凄いかも?」と思わせて、そしてサウスカロライナで大差で勝利して「もしかしたらいけるかも?」と勝利演説で感激して、それから本腰入れて応援するようになったと思う。最初は多くの黒人の人々も「この若造に何が出来るんだ?黒人に恥をかかせるな」位に思っていた筈。少なくとも私の周りはそうで「若いから次はいけるんじゃないか?」とかで「次」って感じでしたものね、最初の頃は。そして殆どの黒人の人の心を動かしたのは、民主党予備選挙でヒラリーに勝った時ですよね。イケルかもしれない!と確信しました。実はあのヒラリーに勝った時が一番嬉しかったかも。あー、当時を思い出すだけでも泣けてくる。でも本戦の大統領戦でも、黒人の3%はオバマに投票してませんからね、全ての黒人じゃないですけど。まあ、大方そんな感じじゃないかと...

ロバート・キヨサキという日系の作家が出てきます。彼が「僕は日本人なんだけど、彼が大統領になった事で、『日本人だから』なんて言い訳はこの先通用しないだろうね。もちろん日本人だけでなく、黒人だろうが、ヒスパニックだろうがみんなさ」と言っていたのが印象的。「でもそれだけ僕達に希望も与えてくれたね」と。

感想はこちら

(4点/5点満点中:DVDにて鑑賞)