SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Love and Action in Chicago / 日本未公開 (1999) (Video)

Cast >> Courtney B. Vance (Eddie Jones), Regina King (Lois Newton), Jason Alexander (Frank Bonner), Kathleen Turner (Middleman) ...
Director >> Dwayne Johnson-Cochran
Writer >> Dwayne Johnson-Cochran
Producer >> Dwayne Johnson-Cochran, Courtney B. Vance ...

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 4

Casting Triumph
シカゴの町で政府の雇われヒットマンをしているエディ・ジョーンズ(コートニー・B・ヴァンス)。仕事に対して完璧主義であり、熱心なキリスト教信者でもあるので、女性に興味を持たずに禁欲生活を送っていた。それを心配したボスのミドルマン(キャサリンターナー)は、パーティーで知り合った女性ロイス(レジーナ・キング)を紹介した。最初は戸惑って嫌がっていたエディだったが、ロイスが事件に巻き込まれて...

ウェイアンズ兄弟のデーモンとかキーネンが演じても不思議でない、ロマンチックアクション映画。ウェイアンズ兄弟とは対極に居る真面目な役者コートニー・B・ヴァンスが主役を演じている。これが意外とはまり役。アップタイトで真面目過ぎる男の喜劇を、悲劇と見せないヴァンスはこの役にぴったりとはまっている。最後のダンスシーンといい、その意外性が良かったと思う。そして相手役のレジーナ・キングが、逆に屈託なく明るい。どんどんと喜劇にはまっていく姿が本当に魅力的。勘違いして人に会いに行って、一斉にみんなで叫ぶシーンはタイミングといい面白すぎる。彼女の多彩な才能を見た。
またシカゴという町は、アクション映画にぴったりなのかもしれない。何か底知れないスピード感と、逆に犯罪が起こるかもしれないという絶望感を感じる町、それで居てヒーローが似合う町でもある。

キャスティングによって映画は左右される。この映画の場合、そのキャスティングによって映画が活きた。そんな感じがする。

(3/13/01、3/20/08:DVDにて鑑賞)