SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Mr. Untouchable / 日本未公開 (2008) 143本目

私にとって「ミスター・アンタッチャブル」と言えば、2004年M-1にて未だ破られていない最高得点673点でチャンピオンになった山崎君か柴田君なのだけど...(今週のJunkのポッドキャスト聞いてみてくださいな)。ニューヨークの闇とそれを追う警察の間での「ミスター・アンタッチャブル」と言えば、映画「アメリカン・ギャングスター」にも出てきたリロイ・”ニッキー”・バーンズの事らしい。警察が何とかバーンズを捕まえて裁判にかけても、バーンズの財力に物を言わせて優秀な(とは思いたくない)...というかそういうのが得意な弁護士のお陰で、すべて無罪となってしまう...いわば、法を持っても「手がつけられない」という男「ミスター・アンタッチャブル」がニッキー・バーンズだった。その人のドキュメンタリーです。監督は「スラム」のマーク・レヴィン。ニッキー・バーンズは今現在も存在し、アメリカ(の筈)のどこかで「目撃者保護」の理由でひっそりと??暮らしている。今回はインタビューも受けているが、その目撃者保護の理由で彼の姿がカメラに映る事はない。光を消した部屋でニッキー・バーンズと言われる男の影がカメラに不気味に映るのみ。本当に闇となってしまった訳だ。「アメリカン・ギャングスター」では、さもフランク・ルーカスが大物のような感じで描かれていましたが、実際にはこのニッキー・バーンズの方が大物で人気者だった。いや実際には彼らの前の世代であるバンピー・ジョンソンが一番有名なギャング。バンピーに纏わる映画も「Hoodlum」があるし、「コットンクラブ」でもバンピーがモデルのギャングが出てくる。「ニュー・ジャック・シティ」のニノ・ブラウンはニッキー・バーンズがモデルと言われている。

その男が「アメリカン・ドリーム」を掴み、そして落ちていく様が上手く描かれているドキュメンタリーだと思います。やっぱり本物の「アメリカン・ドリーム」を掴んだのなら、それは揺ぎ無い物になった筈。偽者は何だって壊れやすい物。自分のエゴや欲だけが渦巻くこういう闇の世界では、成功しても脆い物。

まー、でもフランク・ルーカスもニッキー・バーンズも同じ「ラット(密告者・裏切り者)」となって、同じ余生を過ごしているのも興味深い点です。情けないし惨め。2人共にインタビューで未だに自分の昔の功績(とは思えないけど)を語る。反省している様子等ない。でも、バーンズに裏切られて罪を刑務所などで全うした男達は、今はコミュニティに戻り、子供達が犯罪に関わらないような運動をしているらしい。

感想はこちら

(4.25点/5点満点中:DVDにて鑑賞)