SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Be Kind Rewind / 日本未公開 (2008) 129本目

先週末から全米ワイド公開がされたのですが、先週は見に行けずにやっと今週末に見てきました。興行成績はよろしくありませんが、やっぱり期待通り面白かったー!

モス・デフがいい感じです。あんなにコメディにはまるとも思いませんでした。ジャック・ブラックがイメージ通りに怪しくてクレイジーなんですが、モス・デフが素朴で真面目、それでいて感情的というか... その部分が非常に映画には重要。すごくチャーミングでした。「Keep Jerry Out」のところとか凄く面白い。「フレッチャーさんがちゃんと書けなくなるなんて...」って嘆くんですが、「君だよ!」って思わず突っ込んでしまいます。何かちょっとトボケてるんです。色々な肩書きをもつモス・デフさんですが、ラッパーの硬派なイメージとは全然違ってます。いや俳優としての肩書きも硬派な感じがしてたので面白いですよ。モス・デフファンの人は益々好きになると思う。絶対にイメージダウンって事がない筈。彼が演じたマイクのちょっとしたロマンスの部分がこれまた...すごく可愛い感じでチャーミング。モス・デフの全然違う一面に出会えた感じです。

これを見ていると、映画は楽しい物だわって思えます。作る側の大変だけれど、楽しい部分が大々的に描かれているので、そういう前向きな部分ってやっぱり見ていると楽しい。ワクワクする。ゴーストバスターズとかラッシュアワー2とか撮影している風景が楽しい。映画って色々と出来るんだなーっていう面白が、ワクワクさせてくれるんです。大掛かりなCGとか撮影技術とか爆発音とか... そういう物よりも映画にはもっと大切な物もあるのかも?と思わせてくれます。映画に可能性を求めている観客には、本当に嬉しくなるような映画。こういう事よーって思います。

キッド・クレオールが出てました。アンド・ココナッツの方の。びっくり。

ただちょっと間延びしている箇所もあるので、点数はちょっと厳しくしました。好きか嫌いかで言えば、絶対に大好きな映画。ミシェル・ゴンドリーのおもちゃ箱は楽し過ぎるでしょ。

感想はこちら

(4.75点/5点満点中:劇場にて鑑賞)