SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Next Day Air / 日本未公開 (2009)

Cast >> Donald Faison (Leo), Lauren London (Ivy), Mos Def (Eric), Darius McCrary (Buddy), Mike Epps (Brody), Wood Harris (Guch), Debbie Allen (Ms. Jackson) ...
Director >> Benny Boom
Writer >> Blair Cobbs
Producer >> Scott Aronson, Inny Clemons, Michael Williams
Genre >> Comedy

総合ポイント >> 3.25/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 4

I hope God didn't sent this
ママ(デビー・アレン)の経営する運送会社で働くレオ(ドナルド・フェイゾン)。レオはいつもヘマばかりで、逆に同僚のエリック(モス・デフ)はうまい事やり「今月の優良従業員」にも選ばれていた。そんな時にレオはマフィアが送った荷物を間違えて、地元のへなちょこ悪たち(ウッド・ハリス&マイク・エプス)に配達してしまう...

今時全国区でこの手のどたばたコメディが映画館で上映される事も少なくなってきた。確かに笑える。面白いシーンも多いのは確か。ウッド・ハリスとマイク・エプスのコンビ(というか実際にはもう一人いてトリオなのだけど)の悪たちは、まともじゃないし、そのダメっぷりが笑えてチャーミングでもある。主役のレオを演じたドナルド・フェイゾンのダメっぷりも魅力的だ。逆にシャブーを演じたオマリ・ハードウィックは一人ハードボイルドなのもあって、それぞれに個性があっていい。しかし、今時この手のコメディを見たいか...と言えば、答えは簡単に否である。

こういうコメディが減ってきたのはやはり理由があると思う。確かに笑える。でも何も残らない笑いだ。また見たいとも思わない。1度きりで十分の使い捨て的な作品。

(9/21/09:DVDにて鑑賞)