SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Autobiography of Miss Jane Pittman / ジェーン・ピットマン/ある黒人の生涯 (1974) (TV)

Cast >> Cicely Tyson (Jane Pittman), Michael Murphy (Quentin Lerner), Odetta (Big Laura), Eric Brown (Jimmy), Rod Perry (Joe Pittman), Roy Poole (Master Robert), Thalmus Rasulala (Ned) ...
Director >> John Korty
Writer >> Ernest J. Gaines (novel), Tracy Keenan Wynn
Producer >> Philip Barry Jr., Robert W. Christiansen, Rick Rosenberg

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Narrative
1962年2月。雑誌の記者であるラーナー(M・マーフィ)は、南部の町にやってきた。奴隷時代を経験している110歳の誕生日を迎えたジェーン・ピットマン(シシリー・タイソン)の話を聞き、記事にまとめる事になっていた。ジェーンは、10歳の頃にプランテーション(大農園場)で奴隷として働いていた時の頃から話始めるのだった...

私、見る前までずっと、この話は実話だと思っていたのです。ジェーン・ピットマンも存在するものだと。その位思える程に、題名から説得力のある作品。実際は、作家のアーネスト・J・ゲインズの歴史フィクションが元となっております。でもこれが時代設定といい実に上手い。1962年は公民権運動が中盤に差し掛かった時期であり、人々が宇宙計画に夢中になっていた時代でもある。劇中でもフリーダムライダースのバスが炎上しているシーンがあったり、子供のように可愛がっているジミーがジェーンに運動に参加するように頼むシーンがある。そして、記者がロケットの打ち上げの方を取材するように命令されるシーンがある。奴隷が開放されたのが1862年、丁度100年の年が1962年。元奴隷が生きているのもあり得るのだ。その彼女が生き証人として奴隷が開放されてからの100年を語る。それは彼女が実際に経験したことだけに重く感じる。もちろんフィクションにも関わらず... アーネスト・J・ゲインズが調査によって成せた物語の素晴らしさとシシリー・タイソンの才能に頼る部分が多い。

100年たったその時、ジェーンはそれまで生きていく事が精一杯だった。でもそのジェーンが最後に立ち上がり、自分の足で歩んでいく。その生き証人の姿が100年の歴史全てを物語っている。

(2/21/08:DVDにて鑑賞)