SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

"30 for 30" One Night in Vegas / 日本未公開 (2010) 1019本目

以前から何度か書いているアメリカのスポーツチャンネルESPNが30周年を記念して制作した30人の監督による30本のスポーツ映画「30 for 30」シリーズの一本(って、やっとちゃんと丁寧に説明した気がする)。このシリーズ、何でか分からないんだけど、なぜかDVDになっている作品とそうでない作品がある。これはなぜかDVDになっていない筈。でもさ、マイク・タイソンとトゥパック・シャクールの事だしさ、監督は「Dancing in September / TVショウ/夢と野望の間で (2000)」のレジー・ロック・バイスウッドだし、ものすごい見たかったんだよね。そしたら、やっとテレビで再放送した。ラッキー過ぎるよね。

と、先に触れたようにマイク・タイソンとトゥパック・シャクールについて。ご存知の通り、トゥパックはマイク・タイソンの試合を見た後に殺された。その2人にはとっても親密な関係があり、両者は同じような運命を共有していた。マイク・タイソンがレイプ容疑で逮捕され実刑となれば、トゥパックも数年後にやはりレイプ容疑で逮捕された。2人共に間違われやすい性格だったのもあって、2人には特別なコネクションがあったように思えた。言葉なんて要らない的な友情。マイクもトゥパックとの初対面の時の印象を「怖いものしらず」と答えていた。何か一瞬で感じたんでしょうね。ファイターとしての動物的感覚というか。トゥパックの人生を振り返りながら、自分の人生も振り返るマイク・タイソン。思わず涙を浮かべるんです。その映像だけで2人を語るに十分でしたね!

他にもアーネスト・ディッカーソンが「Juice / ジュース (1992)」のオーディションについて語ったり、ミッキー・ロークが「Bullet / ハード・ブレット/仁義なき銃弾 (1996)」の撮影秘話と語ったりしてます。話を聞けて一番良かったと思ったのが、あの有名になったトゥパックの最後の写真を撮った人の話が聞けた事。写真では死を知っていたかのようななんともいえない無表情な顔をしていたトゥパックに見えたが、実際にはいつも通りの一般人にも気さくなトゥパックだったらしい。

トゥパックがマイクの試合に行く前に20分で作り上げたマイクの為の曲。つまりトゥパックにとっての最後の曲。

感想やあらすじはこちら

(4.75点/5点満点中:7/27/12:TVにて鑑賞)