SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Eddie Murphy Delirious / エディ・マーフィー/ライブ!ライブ!ライブ! (1983)

Cast >> Eddie Murphy, The Bus Boys ....
Director >> Bruce Gowers
Writer >> Eddie Murphy
Producer >> Eddie Murphy, Robert Wachs, Richard Tienken

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

近代コメディの良い見本
当時21歳だったスタンダップコメディアンエディ・マーフィのライブ映像。当時まだ開設したばかりのHBOチャンネルで放送され話題になった。ワシントンDCで収録された。

エディ・マーフィスタンダップ映像を見たこと無い人は、割りと彼の映画を卑下するように思える。私も、彼の映画の幾つかに対しては「どうかな?」と思う事もあった。でも、彼の近代コメディにおける功績は忘れてはならない。そう思わせるのが、この映像だ。
若干15歳でクラブ周りを始め、彼が尊敬するコメディアンのリチャード・プライヤービル・コスビーのCDを聞きながら勉強し、19歳でスターダムを駆け上がった。彼はその尊敬する2人のコメディアンですら成し得なかった事を成功させる。それは、映画のヒット。それからコメディアンはブロックバスター級の俳優として、ステイタスを確立する。
エディ・マーフィはその尊敬するリチャード・プライヤーの面とビル・コスビーの面の両方を兼ね持ち合わせている。リチャード・プライヤーの過激な部分と、ビル・コスビーの話し上手でクロスオーバーアピール出来る部分。今でこそ「Fワード」は、テレビで聞くのは当たり前になってきた。彼は当時にしては斬新にもその言葉を230回も使用した。それは、クロスオーバー側の人達には、通常眉唾物な筈なのに、それをなぜか新しい斬新な物に変えて、お客のその言葉への抵抗を極力に弱め、彼はクロスオーバーを果たした。それは、今回のアイスクリームのネタなどのように、誰も当てはめられる分かるネタを話したのにもあるだろう。誰もが分かる有名人のモノマネ、クロスオーバー側の象徴であるエルビス・プレスリーのモノマネですら過激なジョークで笑わせる。観客は何か新しくてカッコいい物を見ている気になる。モノマネからお客さんとのハプニングによる即興、冒頭での音楽と多種に楽しませてくれる。ネタも今でも聞いていて十分に大笑い出来る程のものだ。

女性の客が突然「Mister Roberts(エディのネタの1つ)やって!」と叫ぶ、男性の客が思わず「Shut up, Bitch」と叫び返す... そこでエディは即興に答え、会場は凄い歓声につつまれる。このシーンは、奇跡に近いコメディとして最高の歴史的ワンシーンだ。それを映像に残せるのがエディ・マーフィのパワー。彼のコメディアンとしてのプロフェッショナルな部分を感じる。彼が当日着ていたスーツでさえも、時代を象徴するカルト人気となる... それが近代コメディの良いパワーでありよい見本だと感じる。

(2/9/07:DVDにて観賞)