SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Man / 日本未公開 (2005)

Cast >> Samuel L. Jackson (Derrick Vann), Eugene Levy (Andy Fiddler), Luke Goss (Joey/Kane), Miguel Ferrer (Agent Peters), Susie Essman (Lt. Rita Carbone), Anthony Mackie (Booty), Gigi Rice (Susan) ....
Director >> Les Mayfield
Writer >> Jim Piddock, Margaret Oberman ....
Producer >> Robert N. Fried ....

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

サミュエル・L・ジャクソンの醍醐味
歯科サプライのセールスマンをしているフィドラー(ユージン・レヴィ)は、デトロイトで行われるコンベンションに旅立った。デトロイトのレストランで休憩していたフィドラーは、人違いで銃を受け取ってしまった。おとり捜査官のバーン(サミュエル・L・ジャクソン)が、フィドラーを引き取った。フィドラーとバーンの長い日が始まる...

パルプフィクション」とかみたいな出来たアクション映画では決してない。けれど、サミュエル・L・ジャクソンとユージン・レヴィという俳優が、たっぷりと楽しめる映画ではある。サミュエル・L・ジャクソンのいつものカッコ良さと台詞回し、ユージン・レヴィらしいウザイオヤジ。2人のドタバタコンビが結構台詞でも表情でも笑わせてくれる。
凄いアクション映画を期待しているなら、止めた方がいい。でもついつい見たくなる映画だと思う。ちょっと笑いたい時、ちょっと映画見たい時、そんな時にピッタリ。
見所はラストシーンかな。サミュエル・L・ジャクソンの最大の仕返し...そしてジャクソンの高笑い。軽いタッチの映画にも、面白い場面を必ず入れてくれる俳優... それがサミュエル・L・ジャクソンだ。

(10/13/2006:DVDにて観賞)