SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Cleaner / ザ・クリーナー 消された殺人 (2007)

Cast >> Samuel L. Jackson (Tom Cutler), Ed Harris (Eddie Lorenzo), Eva Mendes (Ann Norcut), Luis Guzman (Det. Jim Vargas), Keke Palmer (Rose Cutler) ...
Director >> Renny Harlin
Writer >> Matthew Aldrich
Producer >> Steve Golin, Avi Lerner, Michael P. Flannigan
Genre >> Crime

総合ポイント >> 3.75/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

Samuel L Jackson will always sweep in the game
トム(サミュエル・L・ジャクソン)は、事件・事故などで死亡した人々のその惨事の後片付けをする清掃人だった。昔は警官だったが、妻が亡くなった事をきっかけに、娘ローズ(キキ・パーマー)を育てていく為にも仕事を変えたのだった。ある日、依頼された現場に行くと、カギが玄関近くに置いてあり、1人でその仕事を終わらせた。しかし後日、そのカギを置き忘れた事に気がついて、その家に戻ると、何も知らない妻(エヴァ・メンデス)が対応に出た。気になって調べてみると、その事件番号も存在せず、依頼してきた警官の名前も存在していなかった...

名優サミュエル・L・ジャクソンレニー・ハーリン監督と3度目の共演となるクライム映画。ジャクソンがハーリンの映画に出ると、何かしら爪あとを残す。「ディープ・ブルー」だって、いろんな意味でも。今回はハーリンの映画で、珍しくガッツリと演技派の演技を見せてくれている。いつものサミュエル節も無く、今までに見たことのないような几帳面で繊細な男を演じてみせている。ストーリー的には、突っ込み所も満載だが、なんとなく見れてしまう。

サミュエル・L・ジャクソンの熟練した演技が、この映画を見られる物にしている。サミュエル・L・ジャクソンはどんな2流映画でもそんな雰囲気を一掃してしまう位の、全勝男である証拠。

(3/5/11:DVDにて鑑賞)