SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
*映画秘宝 1月号にて『マイ・サンシャイン』とオールタイム・アメコミ映画キャラ総選挙!に参加。(11/21/18)
*
映画秘宝 11月号にてアメリカン・コメディ最新事情のコラムを寄稿。(9/21/18)
*映画秘宝 10月号にてエチオピア映画『チャイルド・マリッジ- 掠奪された花嫁』について寄稿。(8/21/18)
*別冊映画秘宝アメコミ映画完全ガイド2018にて黒人スーパーヒーローの歴史と『ブラックパンサー』について寄稿。(6/27/18)
過去記事

いつの間にか成長した末っ子『マーロン・ウェイアンズのコメディ・スペシャル』

私の長年の研究の一つ...と言っても過言じゃないのが、ウェイアンズ家族。私を完全にこっち(ブラックムービー)の世界にひき釣り込んだ家族である。あの時新宿で『Mo' Money / モー・マネー (1992)』を観なかったら...私の人生は全く違っていたであろう。もしあの時デーモン・ウェイアンズのボールド(禿げ頭)を何て素敵なの!と恋していなかったら、現在の私の夫である男性にもなーーーんの興味も沸かなかっただろうし、出会ってすらいなかったであろう。そんな私の人生を大きく変えた映画で本格的デビューしたのが、今回のマーロン・ウェイアンズ。今現在は2世代目も活躍中なので、ウェイアンズ家族と私は呼んでいるが、いわゆるウェイアンズ兄弟の末っ子。10人兄弟の末っ子。人前に出る芸能活動しているのは10人中5人。5人のうち数名は裏方で参加する事はある。で、勘違いされ易いのだけど、上のキーネン・アイヴォリー、デーモン、キム姉、ショーンの4人はスタンダップコメディアンとしてキャリアをスタートされているけれど、マーロンだけは違った。マーロンは最初から俳優を目指しNYの芸術高校(あの『フェーム』の!)に通い、ハワード大学に進む程優秀だった。キーネン・アイヴォリーの映画にチョイ役として出ていたり、『In Living Color / 日本未放送 (1990-1994)』にも出てコントなどはやっていたが、本格的なスタンダップコメディはやっていない。マーロンが本格的に始めたのは、スタンダップコメディアンの神様リチャード・プライヤーの自伝映画出演が決まっていた時に、役作りの一環で始めた。でも、その自伝映画から監督やら色々と変更になり降板したが、スタンダップコメディは続けている。そして、Netfilx独占で配信開始。

ワシントンDCの大きな会場。最近の音楽の変化からバスケットボール選手の話題、そしてトランプにまで話が及んでいく...

私的には、マーロン・ウェイアンズ=フィジカルコメディ。体を張って笑いを取るタイプ。お尻を出す事も多かったし、何よりも長い手足で、しかも体が柔らかい彼のフィジカルコメディは面白い。だから余計に喋る事が主なスタンダップコメディはマーロンには向いていないのではないか?と思い込んでいた。でもそんなのは私の杞憂だった。思ったよりも面白くて、ゲラゲラと笑えた。会場の沸かせ方も流石に上手くて、クールエイドの所を会場のみんなに言わせていたのは良かった。

Naked / ネイキッド (2017) (VOD)』といい、最近のマーロン・ウェイアンズは良い感じで私を驚かせてくれる。ずっとまだまだ可愛い、若い...と思っていた末っ子はいつの間にか良い感じに成長していたパターン。ってもう末っ子も45歳。立派なおっさんだ。おっさんでもまだまだ愛おしい末っ子よ、これからも良い感じで驚かせ続けて欲しい。

Marlon Wayans: Woke-ish / マーロン・ウェイアンズのコメディ・スペシャル (2018) (VOD)(3.5点:1627本目)