SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

13th / 13th −憲法修正第13条− (2016) (VOD) 1510本目

Netflix独占のエヴァ・デュヴァネイ監督作品。アメリカの監獄問題を描いたドキュメンタリー。タイトルの憲法修正第13条とは、奴隷制度を禁止にした法律。しかし、奴隷という言葉は禁止になっているが、黒人にとっては奴隷制度と同じように名前を変えただけで、鎖などに繋がれているのだ!というのを描いております。

正直、ここで描かれた事はアイス・キューブの名盤「Raw Footage」や、あとここ10年位の黒人系ドキュメンタリーをしっかりと見ていたので、知っていた。あとエヴァ・デュヴァネイ監督自身が『Middle of Nowhere / 日本未公開 (2012)』で描いていた事でもあるし。なので、ネット上でのこの映画の反応である「すげぇーーーぇええええ!」とまでは、驚かなかったかな。でも、この映画を観て「すげぇーーーぇええええ!」となったのは、終盤のトランプ支持者と50・60年代の差別主義者がやっている事が同じという対比映像。ビックリする位同じ。対比の仕方に「すげぇーーーぇええええ!」となりました。あれは上手い。

先に書いたように『Middle Of Nowhere』でもこの現状は描かれていた。夫が刑務所に入れられた女性の苦悩を描いた作品。その時にデュヴァネイ監督は、地元コンプトンでそのような女性たちと沢山話したと言っていた。そしてデュヴァネイ監督と言えば、日本で唯一公開されているのがキング牧師公民権運動の戦いを描いた『Selma / グローリー/明日への行進 (2014)』。その両作品の集大成がこのドキュメンタリーとも感じた。

しかしこれ見て思ったのは、未だに日本も作られた黒人のイメージに縛られているよね。色々と。
(4.5点/5点満点中)
13th / 13th −憲法修正第13条− (2016)