SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Surviving Compton: Dre, Suge & Michel'le / 日本未公開 (2016) (TV) 1505本目

アメリカのTV局ライフタイムが制作の”まさかの”ミシェレイ自伝映画。夫に言われちゃったんですよね「ミシェレイの自伝映画なんて録画してんじゃねーよ!」って。いや、こんなに口悪くないんですけど、この位私を蔑んだ感じで言ってました。「えー、だってN.W.Aの悪口観たいじゃん!」と返しておきましたけど。まあ完全に『Straight Outta Compton / ストレイト・アウタ・コンプトン (2015)』成功のお陰で出来たTV映画です!

ミシェレイは、昔日本ではミシェル・レ(とかミシェルレとかミシェル’レ)の表記だったように記憶しているのですが、記憶が違っていたらごめんなさい。N.W.Aの妹分。というか、N.W.Aのドクター・ドレの彼女で、イージーEのRuthlessからドクター・ドレ完全プロデュースによりデビュー。「No More Lies」がそこそこヒット。本人の話し声は非常ーーーに高くて、『ポリスアカデミー』のフックスちゃん、もしくは日本の芸人クロちゃん以上の高さ。この映画では「ミニー・マウス」と呼ばれてました(ミシェレイ役の女優さん凄すぎ)。けれど、歌うととてもいい声で上手い。ドレとは男児が1人授かるも、ドレのDVに悩む日々。それで痛み止めなどの薬にハマり...ドレがデスロウ・レーベル移動で、シュグ・ナイトがミシェレイにリハビリの手助けをして急接近!シュグとも女児が1人授かる。と、どんだけウェッサイな女性なのだ!と。ウェッサイ度濃過ぎ。しかも2パックとも噂あるじゃないですかー!!この映画放映中にダズ・ディリンジャーが「2パックはあんな事させない!」と怒っていたけれど、そのダズは昔に「ミシェレイのせいで2パックは殺された」とか言っていたからねー。ウェッサイは「ビバヒル高校白書」みたいだな...なんて思ってしまいましたよ。仲間同士で相手をとっかえひっかえしている所が。まあでもこの映画では2パックの事は友達でとてもいい人と描かれていて、パックの優しさにキュンとした!なんていうか主人公には絡む訳じゃないけど、キュン要員みたいな。『花より男子』の総二郎とかあきらみたいな感じ。どの映画でもパックは悪く描かれないって所にパックの素晴らしさを感じてしまうって訳です。っていうか、シュグが一番意味不明。何がしたかったんだろう?ドレから全てを奪いたかった?嫉妬?何?とにかくシュグは理解出来ない男だと思いました。でも意外と女性には優しい所があるんだなーとも思いましたけど、それはただ狙っていただけってだけかもですけどね。

良くね、家庭内暴力とか浮気とか遭っている女性に「なんで付き合っている時に分からなかったの?」とか言う人が居るんだけど、そういうのは結婚して突然変わってしまう人も沢山いるから、意外と分からないものなんですよ。って、この映画でよーーーく分かった。付き合っている時は誰だって優しい。好きになってもらおうと懸命だからね。自分にはDVなどの経験のない事なので、どうして逃げ出さないんだろう?とは正直に思う。でも、逃げ出せないんだろうね。ミシェレイは「なんでかは自分でも分からなかった。愛が何だかも分かってなかった」と言っていた。きっと逃げ出すまで「なんでか分からない」んだと思う。殴られた時点で愛では決してないのに。結婚が上手く行くかどうかなんて結婚してみないと分からないものですよ。

しかしドレは殴った後は優しくなる典型的なDVタイプでもなく、更に酷い人になるという鬼のような人でした。この映画の中では。もちろん、この映画にドレは激怒中!!!訴えてやる!とか言ってます。だろうねー。この映画では本当に酷いもん。

N.W.Aの『ストレイト・アウタ・コンプトン』では悪者に描かれていた彼らのマネージャーのジェリー・ヘラーですが、ここでは割りと普通で親身にミシェレイに接している。でも、ジェリー・ヘラーがN.W.Aの誰を誘ってシーフード料理を振る舞うと、それはN.W.Aに悪い事が起きる前兆っていうのはよーーく分かった!

2パックも良い人だけど、イージーEも良い人!面倒見が良い根っからのリーダー気質だなと。ちなみにイージーEも最初にミシェレイを誘っているwww ああ、あの時イージーを選んでいたら...

スヌープ・ドッグやボーン・サグスン・ハーモニー側から語られる映画でN.W.Aやイージーの姿も観てみたいものです!!
(3.5点)
Surviving Compton: Dre, Suge & Michel'le / サバイビング・コンプトン〜ミシェレイの闘い〜 (2016)