SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

The Book of Negroes / 日本未公開 (2015) (TV)

Cast >> Aunjanue Ellis (Aminata Diallo), Lyriq Bent (Chekura Tiano), Ben Chaplin (Cpt. John Clarkson), Allan Hawco (Solomon Lindo), Greg Bryk (Robertson Appleby), Shailyn Pierre-Dixon (Young Aminata), Cara Ricketts (Bertilda), Sandra Caldwell (Georgia), Dwain Murphy (Claiborne), Louis Gossett Jr. (Daddy Moses), Antonio David Lyons (Happy Jack), Siya Xaba (Young Chekura), Cuba Gooding Jr. (Sam Fraunces), Stephan James (Cummings Shakspear) ...
Director >> Clement Virgo
Writer >> Lawrence Hill (novel), Clement Virgo
Producer >> Clement Virgo, Damon D'Oliveira
Genre >> Drama
Country >> Canada

総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 5

"Big river touches sky"
1761年マリのバヨ村にて、助産婦の母に付き添い小さい頃から出産の手伝いをしていた11歳のアミナタ(シャイリン・ピエール=ディクソン)。父はコーランが読めて、文字をアミナタにも熱心に教えていた。最近は物騒だからと父が送り迎えしてくれた矢先に襲われ、両親は殺され、アミナタだけが囚われた。チェーンで繋がれ長い道のりを歩かされ、死ぬ者も居た。そんな中、見張り番の少年チェコラ(シヤ・ザバ)は水をくれたりマンゴーをくれたり、チェーンを解いてくれたりと優しかった。岸について、船に乗せられた。奴隷船であった。最後に奴隷として乗ってきたのが、チェコラであった。船の中でも助け合う2人。 船が着いたのは、アメリカのサウスカロライナであった。2人は別々に売られていくが...アミナタの数奇な運命を辿っていく。

カナダで制作され放送されたTVミニシリーズ。あの『ルーツ』のようで、それとも全く違う歴史大作である。家族の祖先を追いドラマチックに描いた『ルーツ』とは違い、アミナタという1人の女性の運命を追う。彼女の運命は衝撃的であった。奴隷として連れてこられたアフリカ人の運命と歴史を力強く物語っている。物凄く雄弁に、そして時にはロマンチックに、誰の記憶にも残るように。アミナタとチェコラの物語は、ハリウッドが今まで描いてきたどの恋愛ドラマよりも情熱的で甘くドラマチックだ。そしてアミナタを支えた女性や男性も非常に魅力的。

アフリカから連れてこられた人々の物語が、このアミナタという女性によって力強く語られた。こんな大作にはまた出会うのに何十年も掛かるであろう。『ルーツ』から38年。久々である。私は感動で今も震えている。

(7/16/15:DVDにて鑑賞)