SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Focus / フォーカス (2015)

Cast >> Will Smith (Nicky Spurgeon), Margot Robbie (Jess Barrett), Rodrigo Santoro (Garriga), Gerald McRaney (Owens) ...
Director >> Glenn Ficarra, John Requa
Writer >> Glenn Ficarra, John Requa
Producer >> Denise Di Novi
Genre >> Crime
Country >> USA

総合ポイント 3点/5点満点中
内容 >> 3 演技 >> 3 演出 >> 3 音楽 >> 3

"This is a game of Focus"
ニッキー(ウィル・スミス)がレストランで食事をしていたら女性ジェス(マーゴット・ロビー)が男性からしつこく口説かれているので彼氏の振りをして欲しいと頼まれた。何気ない会話が続き、ホテルの部屋に呼ばれるニッキー。ついて行くと、ジェスは美人局だった。しかしその状況をサラりと交わすニッキー。ニッキーがプロの窃盗だと分かると、ジェスは教えて欲しいと懇願した。ジェスの覚えの良さにニッキーも気に入り、インターンとして仲間にした。メキメキと頭角を現すジェス。そんなジェスに惹かれていくが、父からの教えでニッキーはジェスとの関係を続けていく事が出来ず...

ウィル・スミス主演。とは言え、どかーんといつのもような当たりはなかった。ウィル・スミスが”良い奴”ではなく、犯罪者を演じている最近では珍しい映画だ。しかもキレキレの窃盗人を演じている。生まれながらの窃盗人。映画なんだから窃盗人だろうが楽しめばいいのかも知れない。そんな映画は今までにも沢山あったのだから。しかしウィル・スミスがスマートに窃盗すればするほど魅力が薄れていった。ウィル・スミスは良い奴なんだ!とは思っていないし、良い奴を演じるべき!とも思っていない。ウィル・スミスは多才な人だから。でも不思議とこの映画ではいつもの魅力を感じる事は出来なかった。いつものようにスカす笑いをやろうとしているのに...だ。

いつものような大ヒットには至らなかった。ウィル・スミスなのに。ウィル・スミスなのに!!いや、そのウィル・スミスがちょっと違うんだよね。いつもと。予告でみんな気がついちゃったんだよね。私たちが見たいウィル・スミスじゃないって事を。

(7/2/15:DVDにて鑑賞)