SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

『素晴らしきかな、人生』ウィル・スミスは何にもがき苦しんでいるのか?

今回の『Collateral Beauty / 素晴らしきかな、人生 (2016)』も興行成績で失敗したそうである。「も」。ウィル・スミスは大(x1億回)好きなのでこんな事は書きたくないのだが、2012年の『Men in Black 3 / メン・イン・ブラック3 (2012)』を最後にどうも滑っている印象だ。今回はケイト・ウィンスレットキーラ・ナイトレイヘレン・ミレンという豪華過ぎる3人の有能女優を共演者にして「も」興行成績で失敗。私的にはあのマイケル・ペーニャが出ているのだから、絶対に泣ける映画なのだと思っていた。

ウィル・スミスは今回、ニューヨークの広告代理店で成功したが、色々あって、今は鬱...という男を演じている。で、共演者たちがウィルの為会社の為に手助けするのだ。まあよくあるハリウッド系「イキロ!」という道徳・自己啓発的映画である。

分かる。ウィル・スミスは才能のある俳優だと認められたいという事を。ウィル・スミスと言えば、軽快な語り口でしなやかな走りが特徴的。彼の唯一無二とも言える、生まれながらの明るいキラッキラのスター性は、逆に「演技派」という部分を曇らせてしまう。だからこそ、最近こういう系の作品選びをしてしまう。違う!『After Earth / アフター・アース (2013)』でも書いたけれど、また書くよ。私たちが見たいウィル・スミスはそうじゃないんだ!というか、ウィル・スミスに演技の才能がある事は百も承知なのだ!このような映画に出て証明する必要なんてもうないんだ。肩の力を抜いて、いつもの誰にも持ってないあのキラッキラのスター光線をスクリーンで輝かして、私たちにこれでもかと浴びせて欲しいのだ。

ウィル・スミスの次回作になるであろう『Bright』という作品は未だベールに包まれているが、ウィル・スミスが身体を動かす事にはなっているらしい。タイトル『Bright(キラッキラ)』もウィル・スミスのそのもので最高じゃないか!そして何よりあの『Bad Boys / バッド・ボーイズ (1995)』の続編3&4の制作が控えている。良いんだよ、それで良いんだ!

Collateral Beauty / 素晴らしきかな、人生 (2016)(1519本目:3.25点)