SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

12 O'Clock Boys / 日本未公開 (2013)

Cast >> Coco, Pug, Steven
Director >> Lotfy Nathan
Writer >> Lotfy Nathan
Producer >> Lotfy Nathan, Eric Blair, Tom Colley, Taylor Gillespie, John Kassab
Genre >> Documentary

総合ポイント 4.25点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> N/A 演出 >> 5 音楽 >> 4

"Sounds like something I'd do"
もうすぐ13歳になるパグ少年を2010年春から2013年冬まで追ったドキュメンタリー。パグは地元ボルチモアに昔からあるオフロードバイクで普通の町を走り、そしてウィリーなどをしている集団「12オクロック」に憧れていた。そしてパグもその才能があったのだった...

全米には各地特徴的な文化...というか、事があったりするが、この映画はメリーランド州ボルチモアにあるオフロードバイクの集団を追っている。彼らは日曜になると普通の町中で、ウィリーなどの走行を繰り返す。警察は事故が多いので目を見張ってはいるが、追いかけると余計に事故になってしまうので、手を焼いている。実際にこの映画ではいつもパトカーや救急車のサイレンが鳴り響いている。その中でもこの映画はパグという少年を追う。悪ーーーいラップのビデオから抜け出したような言葉使いの12歳。BワードにFワードにNワードは当たり前。そんな彼の話にもイチイチイライラして「親は一体どういう教育を!」と思わずには居られない。そして母親が出てきて、やっぱり納得してしまうのだ。彼女は彼女なりに頑張ろうとはしているのかもしれないけれど、あれは...そりゃ、子供もグレるわ!と思ってしまう。でも母親が「動物が好きなんだから、獣医になりなさい!」と言われ、嫌だといっていた割には、その後に知らないおばさんに話しかけられて「将来は?」と聞かれたら、「獣医」と言ってしまう、やっぱり可愛い子供ではある。

しかし、彼らの終わりのない目的のない「ただ気持ちいいからバイクに乗る」という事だけを見せられ、そしてそれを象徴するかのような後味悪い突拍子もない最後に愕然とする。パグの将来、どうなるんだろうか?あのままグレるのか... 希望が無くて絶望的だ。

(8/20/14:DVDにて鑑賞)