SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Let's Be Cops / 日本未公開 (2014)

Cast >> Jake Johnson (Ryan), Damon Wayans Jr. (Justin), Andy Garcia (Brolin), Nina Dobrev (Josie), Rob Riggle (Segars), Keegan-Michael Key (Pupa), James D'Arcy (Mossi), Joshua Ormond (Little Joey) ...
Director >> Luke Greenfield
Writer >> Luke Greenfield, Nicholas Thomas
Producer >> Luke Greenfield, Aditya Sood, Simon Kinberg
Genre >> Comedy
Country >> USA
Release (US) >> 08 / 13 / 2014

総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 5

That's what you get from Wayans!!
ライアン(ジェイク・ジョンソン)とジャスティン(デーモン・ウェイアンズ・ジュニア)は、大学を卒業し、2人でLAにやってきたが、まっさく冴えない30歳だった。ライアンは、大学のフットボールで活躍したが、怪我で今は定職につかず、性病のCMのお金で生活していて、近所の子供達に勝手にフットボールを教えて煙たがられていた。ジャスティンは、ゲームソフトのクリエーターだったが、引っ込み思案で中々企画が通らずに雑魚扱いされており、いつも行くレストランのウェイトレスにも声が掛けられなかった。そんな2人が大学の同窓会に行くも、仮面パーティと仮装パーティを間違えて、警察官の仮装で出席してしまう。30歳になるも何も成功していない2人は、落ち込みながらパーティを後にするが、その警官の格好に町の人々が反応し、女性にモテる事を知った2人は、その後も警察の格好でモテまくろうとするが、大きな事件に巻き込まれていたのだった...

80年代から黒人コメディ界を引っ張ってきたウェイアンズ家の次世代デーモン・ウェイアンズ・ジュニア主演。名前が示す通り、『モー・マネー』などで知られるデーモン・ウェイアンズの長男。ジュニアもそんな父の映画『ブランクマン』にてデビュー。オープニングでブランクマンとカラテマンの小さい頃を演じていたのが、ジュニアと次男だ。その頃が懐かしく思う私にしたら、彼の名前を主演で見るというのは感傷的である。まるで自分の子供の学芸会を見守るかのようなのだ。しかし、ウェイアンズ家はやはり違う。学芸会レベルではもちろんない!最初から最後まで笑わせてくれた。いや正直、マーティン・ローレンスの『ブルー・ストリーク (1999)』に似ているかな?とは思うけれど、最後には心スッキリさせてくれる痛快なコメディであった。コメディといえば、バディ、そしてポリス、そして下ネタ... この映画では息ピッタリな凸凹コンビながら2人共にボンクラ、そしてダメなポリスにカッコいいポリス、でも最後にはポリス上げ!そして丁度いい加減の最低で最小な下ネタには笑ってしまう。共演者にも恵まれている。

なんだかんだと笑っているうちに、2人がなんだか好きになってくる。この夏『22ジャンプストリート』がやり残したポリス仕事を、ライアンとジャスティンが見事にやってしまったという感じのスッキリ・ポリス・コメディ!!俺様が法律だ!びっ○ーず!!

(8/13/14:劇場にて鑑賞)