SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Homefront / 日本未公開 (2013) 1218本目

前々から書いている通り、ジェームス・フランコ好きなのね。驚かれるかもだけど、男前だとは思うけれど、顔はタイプじゃない。何か彼のセンスが好き。でもさ、この前スキャンダル出ちゃったじゃん。17歳の女の子をインスタグラムでナンパしたとか... その後にツイッターでは否定したけれど、その次の日にはテレビで認めちゃってたよね。「恥ずかしい」と。何か、フランコぽくない!ツイッターで否定したのは違う!!最初から認めちゃった方が彼らしかったかな?って。という事で、フランコが悪ーい奴を演じているこの作品を。短めにね。

イカーであるダニーとその息子のジョジョ、新しいパートナーであるダルトンジェイソン・ステイサム)は覚せい剤の取引でクラブに居た。そこに踏み込むのがDEA(麻薬取締局)だった。混乱の上捕まるリーダーのダニー。ダルトンが寝返った事に逆上していた。実はダルトンはブローカーという名の覆面刑事だったのだ。そしてジョジョはブローカーの言う事を聞かず抵抗し逃げようとし、銃を取り出そうとしたところで囲んでいた他のDEAエージェント達の銃弾を浴び、父ダニーの前で死んでいった。それから2年後、ブローカーは娘のマディと2人でニューオリンズの田舎町でのんびり暮そうとしていた。ブローカーは何が起きても大丈夫なようにと、娘を訓練した。その結果、いじめっ子を見事やっつけたマディであったが、それはそのいじめっ子の両親の片鱗に触れた。両親は兄弟であるゲイター(ジェームス・フランコ)にブローカーにちょっかいを出して欲しいと頼む。ゲイターは町で覚せい剤を売っていて、その残虐なやり方は町で有名だったのだ...

まあよくあるタイプ。娘を必死で守るタイプのアクション映画。でもさ、冒頭ではジェイソン・ステイサムが「被り物」をしているのが見物かな?「被るだけ」で誰だか分からなくなるねー!写真探したけど出てこなかった。まあ彼はこの映画にも出てくるバイカー達のアイドルなんだろうなーとは思う。なのでアイドル映画でもあるかも。その辺の安定感はある。でもフランコの小物感がー!冒頭では、高校生相手にバットを振り回していたけれど、ステイサムには対して何も出来ていない。自分でやったのは、車のタイヤをパンクさせた事位?人にやらせるズルイタイプの悪党。で、そんなゲイターに夢中なのがシェリルという女性。知らない女優さんだわーって見ていたのに、クレジット見てびっくり!ウィノナ・ライダーとは!!!!!全然違う!割りと際どいシーンもあったよ。そして「Miracle at St. Anna / セントアンナの奇跡 (2008)」等に出ていた大きな体が目印のオマー・ベンソン・ミラーが登場。ブローカーの家(ニューオリンズが舞台なだけに古いプランテーション邸宅みたいな家)の修理を手伝う地元の人。ミラーは何ていうか2代目フォレスト・ウィッテカーだよね。鶴瓶的というか。人の良い黒人をやらせたら上手い。この映画で唯一まともな一般人!ってかヒーローだね!

完全にフォレストと一致や!

Batorufuronto (2013) - IMDb

(3.5点/5点満中:4/11/14/14:DVDにて鑑賞)