SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Ride Along / 日本未公開 (2014) 1190本目

アイス・キューブがケビン・ハートと組んで、キング牧師の祝日ウィークエンドの今までの記録を塗り替えた興行成績を叩き出したコメディ作品。アイス・キューブは、今までに多くの時のコメディアンと組んで、バディ・コメディを作っている。「Friday / friday (1995)」では売れる直前のクリス・タッカー、その続編「Next Friday / ネクスト friday (2000)」ではまだ誰も知らなかったマイク・エプスを使っていた。今回は、もう既に売れっ子のケビン・ハート。この人は去年・一昨年あたりから本当に当たり続けている。TVシリーズ「Real Husbands of Hollywood」も人気だし、「Think Like A Man / 日本未公開 (2012)」を大ヒットさせたし、去年の暮れからは彼の出演作が何かしら毎月のように封が切られている。来月は「About Last Night / 日本未公開 (2014)」が公開予定。そしてまたこの作品をヒットさせた。ハリウッド・リポーター誌や、ネットのDeadLineなどは、なぜかアイス・キューブ「の」ではなく、ケビン・ハート「の」Ride Alongが記録を破った!と見出しをつけていた。でも、私からしてみたら、完全にアイス・キューブの映画である。だって、アイス・キューブがヒットさせた「Barbershop / バーバーショップ (2002)」にてメジャー映画監督デビューしたティム・ストーリーが監督だし、だってあのローレンス・フィッシュバーンがまたアイス・キューブと共演だよ?「Boyz N The Hood / ボーイズ’ン・ザ・フッド (1991)」に「Higher Learning / ハイヤー・ラーニング (1995)」なんていうジョン・シングルトンものが頭に浮かんでしまいます!!

さすがにアイス・キューブ兄貴は地元LAPDロサンジェルス市警)は無理!なのか、なぜかアトランタの市警をしているジェームスを演じている。ジェームスが溺愛している可愛い妹アンジェラ(ティカ・サンプター)は、どういう訳かへんちくりんな男ベン(ケビン・ハート)と真剣交際中。ベンはジェームスのように警察官を目指し、ポリス・アカデミー入りを望んでいるが、中々受からない。今は、高校で警備員をしていて、普段はオンラインゲームに夢中で、ブラックハマーと名乗っていた。「俺の妹がこんなへんちくりんな男と!許せん!!」と、10時10分眉のジェームスは怖がらせてやろうと、ベンを警察の1日に付き合わせるのだった...

と、まあよくあるタイプです!元々はドゥエイン・ジョンソン(ザ・ロック)と、ライアン・レイノルズで考えられていた。ま、そっちでも観たい気はする。でも、アイス・キューブ兄貴のイジメっ子キャラと、ケビン・ハートのまあよーーーく喋るキャラが上手く生かされている作品。ケビン・ハートはこれまた喋っても憎めないんだよね。あの身長も幸いしているのかもしれないけれど... まあ小さいのでよく喋るタイプ。この映画でも本当によく喋っている。でも、その喋りが全然心に刺さって来ないんだよね。例えば、「Friday」のクリス・タッカーのスモーキーもよーーーく喋る男だったけど、今でもGif Memeになる名言ばかり!「You got knocked the f*@# out, man!」とか、真似したくなる台詞が多かった。今回はそれが無い。でもアイス・キューブもケビン・ハートも自分達の持ち味は最大限に生かしていた。アイス・キューブなんて自分のN.W.Aネタとか、「It was a good day」ネタとかまでやってたし。

所でね、この映画がヒットした要因がステマだったと思う。この映画のプロデューサーであるウィル・パッカーはそれでいつもヒットさせている。特にツイッターを使ったステマが上手い。主演俳優だけじゃなくて、他の有名人もツイッターで作品を見て応援するように呼びかけている。私が映画館についた時、私の前には小学生の高学年位の2人の女の子が居た。「あー、フローズンとか観るんだろうなー、可愛いなー」なんて思っていたら、窓口で「Ride Alongを2枚!」って... びっくりした!マジでびっくりした!!PG-13だよ!彼女達、ぎりぎりアウトじゃないか!!アイス・キューブの映画を白人の小学生の女の子達が... そんな日が来るなんて、夢にも思いませんでしたよ!!大人にはススメる!でも、あの彼女達には絶対にススメないわ!ってか、ちびっ子がアイス・キューブの「It was a good day」ネタなんて分からないでしょ!ステマも考えものですわよ。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3.5点/5点満点中:1/20/14:劇場にて鑑賞)