SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Central Intelligence / 日本未公開 (2016) 1486本目

人一倍大きなロック様と人一倍小さいケビン・ハートのバディコメディ。所謂凸凹コンビですね。予告編でも分かるように、高校時代に巨漢過ぎでイジメられていたロック様が、高校時代に一番人気だったケビン・ハートとある事がきっかけで事件に巻き込まれていく映画。てっきりケビン・ハートが主演だと思っていたら、ロック様が主演でした!プロットとか話の展開はありきたりではあるのですが、中々面白かったです。特に台詞。ロック様がケビンの事を「スナックサイズのデンゼル様」とか呼んだり、まああとはネタバレになるので書きませんが色々他にも面白い台詞が一杯ありました。ネタバレにならないように書くと、テイラー・スウィフトのディスとか面白かった。あと、最初に書いたように凸凹コンビなので、その変の身体的な面白さとかも一杯。ロック様がユニコーン好きなだけで笑えるじゃないですか!フェイスブックなどの小ネタも面白いです。あ、ケビン・ハートと言えば、最近ではアイス・キューブ兄貴とのコンビが有名で、眉以外は動かないアイス・キューブ兄貴の周りでちょこまか動いて口も動かすケビン・ハートっていう感じですが、この映画ではロック様が動き回るので、その分面白いですね。ケビンは逆にちょこまかとさせない方が活きるのかもしれないと、この映画で思いました。ケビンが「黒人に『すてきな片思い』観て好きな奴はいない!」と豪語してましたが、居るよ。うちに居るよ!うちのもロック様みたいにムキムキだけど『すてきな片思い』大好きっ子。カメオとかも楽しい。予想はついちゃうけど、笑ってしまうコメディです。(3.75点)
Central Intelligence / セントラル・インテリジェンス (2016)