SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

All About Us / 日本未公開 (2007) 1168本目

インディペンデンス映画。一言で言うとチャーミング!主役がボリス・コドジョーとライアン・ミシェル・ベイズという女優さん。その2人がこれまたチャーミングでお似合い。2人が演じたのが夫婦で映画を作るコンビ。ベイズという女優さんが演じたのが、ステイシーという女流監督・脚本家で、その彼女をサポートするのがボリスが演じたエドワードというプロデューサー。ステイシーは有名大学で映画を学んだ感じ。エドワードは一般の仕事もしながら、そのステイシーを支える。2人が作った「All About You / 日本未公開 (2001)」は、映画祭などで賞を獲得したが、中々上映権利は売れない。ロサンジェルスに住む彼等は、町には沢山映画会社があるんだし、賞だって受賞しているんだから、すぐに売れる筈だと思っていた。エドワードはフィルム片手に映画会社を回るも、門前払い。無理矢理話しをした映画会社の重役に「ブラックムービーは内容なんて関係ない。いい内容なんて気にしちゃいないのよ!稼げるスターが出てないとダメ。ハリ・ベリーとかウィル・スミスみたいなスターね。それにエッジーじゃないわ」と言われてしまった。しかもステイシーの学校時代の知り合いは、自分の家族をツテに簡単に映画監督として活躍している事を知り、エドワードもまた知り合いがプロデューサーとして活躍している事を知る。エドワードは映画界を諦めようと考えていたが、ステイシーは違った。以前書いた脚本を書き直した。それはモーガン・フリーマンが「ドライビングMissデイジー」や「ショーシャンクの空に」でオスカーを逃した後に、彼がオスカーを獲得出来る映画を!と、ステイシーは「Miss Daisy Should Have Walked(Missデイジーは歩くべきだった!)」という脚本を書いたのだった。それならモーガン・フリーマンを使えるし、映画会社も振り向いてくれると、ステイシーはやる気満々だったが、まだ資金も集まっていない作品にエドワードはやる気がなかった。しかもフリーマンの関係者は取り合ってもくれない... しかしエドワードは、フリーマンが年に一度必ず参加するミシシッピーのクラークスデールで開催されるブルース音楽祭で、フリーマンに直接掛け合う事を思いつくが...

という事で、上でリンクしている通り、この2人は本当に「All About You / 日本未公開 (2001)」を作っている。この映画の監督とプロデューサーがこの映画のモデル。自分達の経験をそのまま映画にした訳です!まあ、ブラックムービーを作るのは本当に困難なのが伝わってきます。近代ブラックムービーの父であるメルヴィン・ヴァン・ピープルズの「Sweet Sweetback's Baadasssss Song / スウィート・スウィートバック (1971) 」だって、相当大変だった。コメディアン・俳優のビル・コズビーが私産出したりね。その裏話を映画にしたのが、息子マリオで「Baadasssss! / バッドアス! (2004)」は相当面白かった!その「バッドアス!」と同じ感じ。マリオはそんなカッコイイ親父の背中を描いたけれど、こちらは自分達が経験して学んだ事を描いている。彼等には赤ちゃんが居る。面白いのが、その赤ちゃんが本人を演じている。

という彼等の経験は、大物俳優達の心を動かしたようで、あのルビー・ディにサミュエル・L・ジャクソンの妻ラタンヤ・リチャードソンが出演。そしてこの映画のキーパーソンとなるモーガン・フリーマンだって、ホンのちょっとだけだけど、ちゃんと出てますよー。残念ながらモーガンはボーナス映像にすら出てこないけれど、あれで十分にこの映画をサポートしている。自分のレストランで撮影させたりまでしているんだから!という事で、ルビー・ディもラタンヤ・リチャードソンもこの映画で夫婦が苦労した事について「本当によく分かるの。同感出来るのよ」って、口を合わせたように話していた。ブラックムービーは作るだけで大変なのよね。だから年間本数も少ない。

ラタンヤ・リチャードソンはミシシッピーに住むおば役。その娘DJが面白かったわー。ステイシーとエドワードが作った映画「All About You」を知らない。誰出てるの?って聞いて、ヴァネッサ・ベル・キャロウェイと言うと、「知らない」と... で、おばのラタンヤが「ほら!片足でぴょんぴょん跳ねてたー!なんだってあの映画!そう星の王子NYへ行くよ!」と言っても、DJはまだ分からず表情も変えない。で、ステイシーが「リサレイ!」というと、「誰??」って、今度はおばも説明出来ずにいると...突然DJが思い出したように「ひょっとしてダイアモンド?ダイアモンドでしょ?」と。みんな分からずきょとんとしていると、DJは興奮して「ダイアモンド大好きなのよ! ザ・プレイヤーズよ!!ねえ?ダイアモンドに会わせてー!」と。笑った。で、ロサンジェルスに住むステイシーとエドワードには、南部が未知の世界。ステイシーは幼い頃に来ていたけれど、エドワードには別世界。エドワードはベジタリアンなのもあって、ソウルフードすら未知との遭遇。黒人なら絶対に知っている「ジェット」誌だって、読まない。そんなエドワードにラタンヤ演じるおばさんは、ジェットをあげるのが面白かった。「ニュースはどうやって仕入れているの?」と、おばさんにとってはエドワードが未知との遭遇

この映画ではひまわりがメタファー。明るさと夏。だからこそ、ルビー・ディが演じた女性が「夏をエンジョイするのよ!」と語りかける。エドワードが好きなのも、ひまわりの種。種を食べるのよね。

という訳で、ブラックムービーだって内容次第ですよ!!そしてブラックムービーはとかく海外じゃ売れないと... 日本じゃ、本当に公開されないもんねー。多分、私が点数高くなっちゃったのは、ルビー・ディやラタンヤ・リチャードソンと同じで、私も同感出来るんですわ。ブラックムービーの事は、私だって日本ではかなり頑張っている部類に入るからね。頑張って日本語でブラックムービーの面白さを一生懸命伝えているつもり。でも報われないもんね。だからこそ、そうやってそういう世界をチャーミングな主役が爽やかに明るく表現してくれた事が嬉しいだよね。頑張れ、ブラックムービー!そして売れろ!!ガンガンに売れろ!海外でも売れろ!

感想やあらすじなどはこちら

(4.5点/5点満点中:10/27/13:DVDにて鑑賞)