SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

映画秘宝 2013年 09月号

またまたお知らせで「買ってちゃん」でごめんなさい。映画秘宝9月号に我らの黒帯ドラゴン事ジム・ケリー氏の追悼文を寄稿させて頂きました。大好きなジム・ケリー。彼の追悼文を書くのは、辛かった。どう彼らしくカッコ良く、そして尊敬をこめた餞が贈れるであろうか?とばかり考えて書きました。私からの最大なるオマージュ。そしてアメリカにも沢山いるジム・ケリーのマニア達の愛も詰め込みたかった。彼らのブログを読み、涙を流し、そして書いた。晩年良い人だったエピソードはここ憧れだったエピソードはここ
ジム・ケリーの追悼をあとでブログで書くと書いておいて、書かなかったのは、映画秘宝で書かせて頂いたからです。読んで頂けると幸いです。

向こうで、ブルース・リー先生と訓練してね!今度こそ、リー先生の道場見つけるんだよ!!そしてまた「Black Samurai / ブラック・サムライ (1976)」の時のように、ロケットをつけて、我々の所にカッコ良く戻ってきてくれ!!私はその日が来るまで、貴方が「Black Belt Jones / 黒帯ドラゴン (1974)」で、バードおやじの葬式で空手の型をしていたように、私は待つ!!

映画秘宝 2013年 09月号 [雑誌]

映画秘宝 2013年 09月号 [雑誌]



そして「Menace II Society / メナース II ソサエティー/ポケットいっぱいの涙 (1993)」のオードッグについて書かせていただいた「映画秘宝EX 映画の必修科目07 冷酷! 悪漢映画100」も絶賛発売中です!よろしくお願い致します。
自分で自分の記事を読み返して思うのは、トレイヴォン・マーティンも「ラターシャのような悲劇が待っているかもしれない若者」の一人...というか実際にそうなってしまった一人。トレイヴォンやラターシャのような悲劇の若者が居たから、オードッグはスクリーンに誕生した。

映画秘宝EX 映画の必修科目07 冷酷! 悪漢映画100 (洋泉社MOOK 映画秘宝 EX|映画の必修科目 7)

映画秘宝EX 映画の必修科目07 冷酷! 悪漢映画100 (洋泉社MOOK 映画秘宝 EX|映画の必修科目 7)



立ち読みは許さん!そんな事したら、ジム・ケリー先生の回転4段蹴りが待っているぞ!!そして「Man, you come right out of a comic book!(あんたまるで漫画だよ!笑っちゃうね!)」と、呆れますから〜〜!!分かるかなー。