SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Symbiopsychotaxiplasm: Take 2 1/2 / 日本未公開 (2005)

Cast >> Audrey Heningham (Alice), Shannon Baker (Freddie), Marcia Karp (The Psychodramatist), Ndeye Ade Sokhna (Jamilla), Jonathan Gordon, Terrence McCartney Filgate, Bob Rosen, Phil Parmet, Stevan Larner, William Greaves, Steve Buscemi ...
Director >> William Greaves
Writer >> William Greaves
Producer >> William Greaves
Genre >> Documentary

総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 5

Love makes time pass away and time makes love pass away...
「Symbiopsychotaxiplasm: Take One」から35年。ウィリアムス・グリーブス監督は、前作で取り始めようとした所で終わった、2人の役者アリス(オードリー・へニンガム)とフレディ(シャノン・ベイカー)と共に、またニューヨークのセントラル・パークに居た。35年後の彼等を撮っていたのである。

実験的作品「Symbiopsychotaxiplasm: Take One」の続編である。グリーブス監督は「Take 5」までの構想はあった。しかし実現する事はなかった。その前作ですらお蔵入りしたからである。しかし前作をたまたまサンダンス映画祭で見た俳優のスティーブ・ブシェミが、エンディングに映し出された「Comming Soon Symbiopsychotaxiplasm: Take Two」の文字を見て、是非続編も見てみたい!という事で、スティーブン・ソダーバーグの力を借りて制作された作品である。元々「Take One」では、40時間位撮っていたらしいので、沢山の映像が残っている。前作では別の俳優でまた同じシーンを撮ろうとしていた所で終わっているが、この「Take Two 1/2」では、そこから始まる。そしてその俳優2人が、35年後に再会する。しかしまた同じように同じ台詞を別の場所で何度か繰り返す。そしてやはり同じようにそれだけで物語が少し変わっていくのだった。

前作「Take One」でも一番発言していたのが、音響担当のジョナサン。彼も35年経って、別人のように変わっていた。しかし「結局みんな監督とプロデューサーになりたいんだな」と発言する。35年経っても、やはり皆良い作品を撮りたいという思いは一緒。

(3/26/13:DVDにて鑑賞)