SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Incredible Burt Wonderstone / 日本未公開 (2013) 1099本目

何かあまり評判は良くない。そこまで言うかな?とも思う。そこまで悪くは無い。普通に笑える。昔からあるコメディのように、最後はホロりとさせる。

ジム・キャリーが髪の毛サラサラの今時のマジシャンを演じている。それだけでもちょっと面白い。でも主役はスティーブ・カレル!「40歳の童貞男」のあの人だ!って、今更その紹介も古いねー。カレルがタイトルの「バート・ワンダーストーン」を演じている。スティーブ・ブシェミが、バートの唯一の友達アントン役で、2人は後にラスベガスを代表するマジシャンになる。オープニングのバートの生い立ちは、泣きそうになった位可哀想。だけど、それを割りとアッサリと描いている。一人ぼっちの誕生日にお母さんがプレゼントしてくれたのが、人気マジシャンであるランス・ホロウェイの手品グッツ。夢中になってその手品を覚えたバート。イジメっ子にはバカにされたけど、その手品にびっくりしたのがアントン。2人は色々なマジックを考える。まあでも、海老一染之助・染太郎的。バートが染之助で、アントンが染太郎的。2人は大きくなってラスベガスで人気のマジシャンになるけれど、新しいマジックを考えなくなった二人は時代と共に廃れていき、大親友だったバートとアントンの友情にもヒビが入る。しかもバートはアシスタントの女の子にも、まともな扱いをしないんですわ。最低な男。ホテルの舞台での仕事もクビになっちゃう。そこから...を描いております。なんていうか、「ドッジボール」とか「ヘッド・ロック GO!GO!アメリカン・プロレス」と同じだね。舞台を手品に置き換えただけ。道を踏み間違えた男が、昔のレジェンドにその道の極意を教えてもらうとかね、全く同じ。だからあまり新鮮味とか感じないよね。ああなるのかな?って、大体予測できるし、予測通りだった。

じゃあ、何がいいのか?よね。オリビア・ワイルドが可愛かったね。スティーブ・ブシェミが泣かせる。しかもブシェミの子供の頃を演じた子役も面白い。ジム・キャリーの歯型のキャンディの時に、久々にあの独特の表情見た。他の映画でもやってるかもしれないけれど、私には「イン・リビング・カラー」のファイヤー・マーシャル・ビル以来。

いや、悪くはないんだけどね、手品では先が読めちゃうとか、一番やってはいけない事。手品独特の「わーお!」っていう驚きが無いんだよね。まあなんていうか、デビッド・ブレインの長いディス映画かなー。

アメリカのオフィシャルサイトはこちら

(3.25点/5点満点中:3/27/13;劇場にて鑑賞)