SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Symbiopsychotaxiplasm: Take One / 日本未公開 (1968)

Cast >> Patricia Ree Gilbert (Herself - Actress Testing for Alice), Don Fellows (Himself - Actor Testing for Freddy), Jonathan Gordon (Himself - Soundman), Robert L. Rosen (Himself - Production Manager), William Greaves (Himself - Director) ...
Director >> William Greaves
Writer >> William Greaves
Producer >> William Greaves
Genre >> Documentary

総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 5

Cosmos
映画監督ウィリアム・グリーブス(ウィリアム・グリーブス)は、ニューヨークのセントラルパークにて、映画を撮っていた。実験的な映画であり、俳優も初めての映画なら、スタッフも始めての映画経験であった。台詞も余り決まっていない中、彼等は映画「Over the Cliff」の制作を進めていくが...

黒人俳優で監督のウィリアム・グリーブスによるシネマ・ヴェリテであり、実験的映画であり、ドキュメンタリーをドキュメンタリー化したドキュメンタリーである。と、訳が分からないと思う。実際にこの映画は1968年に撮影され、1971年ごろ完成したが、配給会社の人々も全く理解出来ずに、20年もお蔵入りしていた作品である。1992年のサンダンス映画祭で公開され、たまたま会場入りしてこの作品を見た俳優のスティーブ・ブシェミが気に入り、スティーブン・ソダーバーグの助けを借りてやっと日の目を見たのである。
彼等は「Over the Cliff」という作品を取っている事になっている。同じ台詞を繰り返すが、セントラルパーク内でもちょっと場所を変えただけで、そしてちょっと時間が違うだけで、その環境から全く違う趣になる。もちろん役者を変えるだけで、だいぶ変わってしまう。そしてグリーブスは、時にだらしないどうしようもない監督を演じみせたりする。その中でスタッフは監督抜きの秘密のミーティングで、監督へと愚痴を爆発される。それはすべて彼等がこの作品を良い物にするしようとするもので、彼等は自然に調和していくのが分かる。
しかもマイルス・デイビスの曲がその「偶然性」作品をより浮き彫りにするのだった。

それらが全て生々しく記録されている不確定性で偶然性即興コスモ記録映画なのだ。

(3/26/13:DVDにて鑑賞)