SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Dark Tide / 日本未公開 (2012)

Cast >> Halle Berry (Kate Mathieson), Olivier Martinez (Jeff), Ralph Brown (Brady), Luke Tyler (Nate), Thoko Ntshinga (Zukie) ...
Director >> John Stockwell
Writer >> Ronnie Christensen, Amy Sorlie
Producer >> Jeanette Buerling, Matthew E. Chausse
Genre >> Thriller
Country >> South Africa

総合ポイント >> 3/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 3

Not her best work, but still best in bikini!!
ケイト(ハリ・ベリー)は、南アフリカケープタウン近くの沖でダイバーとして、サメと一緒に泳ぐ事が出来る女性だった。しかしいつも一緒に潜り、セイフティマンとして守っていてくれたテンバがサメに襲われ亡くなってからは、観光船をやっていた。水中カメラマンの夫ジェフ(オリヴィエ・マルティネス)は、ケイトにダイブに戻る事を勧めるが、ケイトは頑なに断っていたが...

ハリ・ベリーが出産後に久々に出演した作品。出産後のハリ・ベリーは何かパっとしていない。ファンとしてはもっと女優魂が感じられる意欲作に出演して欲しいと思う。この映画も当たり障りのない作品。可も無く不可も無く、無難すぎる作品。というか、大体分かってしまう。誰が居なくなって、誰が残るか、予測しやすい。あ、ここだろうなーと思った所で、そうなる。でもどうしても分からないのが、ケイトがジェフのどこに惚れていたのか?という点。もうちょっと2人の関係が見えてくるようなドラマが必要だった。そこでキスするか?という場面もあった。

見所は、ハリ・ベリーの流暢に話しているように聞こえるアフリカの言葉か?いや、一番の見所は出産後なのに見事なプロモーションのビキニ姿かな...

(4/28/12:DVDにて鑑賞)