SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Shame / SHAME -シェイム- (2012)

Cast >> Michael Fassbender (Brandon), Carey Mulligan (Sissy), James Badge Dale (David), Nicole Beharie (Marianne) ...
Director >> Steve McQueen
Writer >> Steve McQueen, Abi Morgan
Producer >> Iain Canning
Genre >> Drama
Country >> UK

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Some people fuck up all the time
小さい頃にアイルランドからやってきた移民のブランドン(ミヒャエル・ファスベンダー)。彼は取り付かれたように、セックスに固執し、娼婦やゆきずりの女性との日々を淡々と過ごしていた。しかし、妹のシシー(キャリー・マリガン)が、ブランドンのアパートに転がり込んでからは、ブランドンの歯車が崩れてきていた...

「ハンガー」で衝撃的なドラマを制作したスティーブ・マックイーン監督とミヒャエル・ファスベンダーが再び共演した、衝撃的な作品。「ハンガー」では、問題点を鋭く突いたマックイーンが、今回は上手く問題点から、私達を巻くのである。しかし、ブランドンとシシーという兄妹が、正反対なのは誰にでも分かる。セックス中毒者のブランドンと、自殺中毒とも言うべきシシー。ブランドンが「生」なら、シシーは「死」。その2人がどうして、そこまで問題を抱えているのか、それは観客の想像となる。セックスだけを求めているブランドンは、愛を求めている訳でもない。逆に愛のあるセックスには感じなくなっている。いや、彼は愛あるセックスを「恥」だと思っているのかもしれない。その理由が映画では決して明かされない、ブランドンとシシーの問題点なのかもしれない。ブランドンが全てのタブーを犯した後に待っている、シシーの悲劇。悲しみにも限界がある。
そんなブランドンが住んでいるニューヨークやアパートも、これまたこの映画の個性の1つ。まるで熱を感じない。

人は何を求めセックスするのか?究極の価値観がここにはある。

(4/17/12:DVDにて鑑賞)