SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Video Girl / 日本未公開 (2011) 982本目

がっちりMTV世代なので、音楽と共にミュージックビデオにも慣れ親しんで育ってきました。いい加減、育ち過ぎちゃいましたけど。まあ日本なのでMTVは中坊時代は中々見られませんでしたが、私の住んでいる地方テレビ局の神奈川テレビは、なぜか知らないが洋楽に滅茶苦茶ちからを入れていたみたいで、洋楽のミュージックビデオを流す番組が毎日あった!マイケル富岡がヤキソバンで有名になる前に、VJやってましたからね。というか、うちの地区の洋楽好きには、マイケルよりも姉のシャーリー富岡の方が有名。同じ世代でやはり洋楽好きの椿鬼奴は、神奈川テレビに入社したかったと言ってますが、凄く分かるのよね。とは言え、最近のミュージックビデオとか苦手。苦手になってしまったのは、ストーリーは無いのが多いし、綺麗だけど下品な女性が多すぎるのがね...
悲しすぎるミュージックビデオ、アーロン・ホールの「I miss you」。

ミュージックビデオのよき時代と言うといつも思い出すが、サーフェイスの「First Time」。踊っているのは、後に女優となったElise Neal (エリス・ニール)

まあ前置きは長くなってしまいましたが、今のミュージックビデオに出演する女性達の物語。という訳で、私は彼女達があんまり好きじゃない。まあ尊敬はしていない。でもこの映画は中々面白かった。主役のビデオガールを演じたミーガン・グッドが体当たりというか、それらしい雰囲気をとっても持ってるし、そのまま!って感じしましたね。でもね、感想でも書いたけど、これはやっぱりプロの女優のミーガン・グッドが演じたから、ここまで面白くなったと感じます。ビデオガールが本職の子達が演じたら、彼女達の姿ではあるけど、あそこまでドラマチックに面白くはなかったと思う。最初は初心だった女の子が変わっていく様っていうのは、やっぱりミーガン・グッドじゃなければ演じられなかった。やっぱりミーガン・グッドは子役から活躍しているだけあって、その辺が上手い。と、別にびっくりしたのが、この映画でミーガン・グッドの姉ステイシーを演じたのが、実生活でも本物のミーガン・グッドの姉のラマイア・グッド。彼女も中々。彼女はUGKのバンBが演じるCKの彼女役。CKがサグで、その関係でおばあちゃんと折り合いが悪くなって、家を出ている。負けん気が強い女性。雰囲気あったわー。そしてそのおばあちゃんを演じているのが、なんとルビー・ディ。割と凄い面子。そして本物のビデオガールであるメリッサ・フォードも出演。主役の先輩的。ちなみにこの映画は本当にあった物語にインスパイアされて出来たと最初に出てきたけど、誰がモデルなんだろう??そのメリッサ・フォード??彼女もミュージックビデオの監督リトルXに、地元でスカウトされた筈なんだけど...

私個人的に、この映画のツボは、男っこ前(私、皮肉屋ですが、何か?)ラッパーの1人ウェビーがミーガンのお尻を触って怒られる場面!BETの「106 and Park」のロクシにも同じような事して問題になったよねー。私もウェビーにあんな事されたら、マジ切れるわ。

で、丁度良く?おめでたいニュースが!この映画の主演のミーガン・グッドがとうとう婚約したとの事!!お相手はソニー・ピクチャーズの重役で、しかも説教師の男性。おめでとう!!

感想やあらすじはこちら

(3.75点/5点満点中:3/26/12にDVDにて鑑賞)