SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Dance Fu / 日本未公開 (2011) 925本目

この映画のエキストラをセドリック・ジ・エンタテイナーがマイスペースで応募していたことをよーく覚えている。というか、マイスペース時代なのでかなり昔の事。3年以上も前の事。まだLAに居た頃なので、面白いから行こうかなーと思っていたのだけど、集合時間が早かったので諦めた。場所はコンプトンの教会だった。そういえば、あの映画どうなったんだろうなーと思ったら、いきなりDVDになっていた。映画って時間かかるねー。題名も代わっていた。

感想にも書きましたが、主演のケル・ミッチェルは凄かった。割りと可愛い顔もしていた。いやー、年取ったね。変な髪形になっていたし、ちょっと太ったかな??顔がパンパン。「キーナン&ケル」でコンビを組んでいたキーナン・トンプソンは「サタデー・ナイト・ライブ」のレギュラーになったり、綺麗な女の子と水族館で結婚したりと、ツキがある。なのにケル・ミッチェルはツキが無い。インディペンデンス映画ばかり。ニコロディオンで放送していた「All That」で一緒だったニック・キャノンにも水をあけられた感じがするわ。

物語はなんていうかジャッキー・チェンの「酔拳」を思わせる内容。お酒じゃなくて、音楽に代わった感じ。でも「酔拳」みたいな最高な面白さは全くないのであしからず。というか、酔拳とか書いちゃって、ジャッキーファンの皆様本当にごめんなさい。一言で言ってしまえば、つまらない。全然面白くないのです。セドリック・ジ・エンタテイナーが初監督に挑んだ作品でもあるのですが... セドリックとケルでなんでつまらない物が出来てしまうんでしょう?と不思議に思う位、面白くない。セドリックはもっと面白かった筈だし、ケルも面白かった。ちなみに注目されている若手コメディアンのアフィオン・クロケットも出演している。彼は割りと面白い場面はあった。しかも途中途中で使われるアニメを制作したのが、「Freaknik: The Musical / 日本未公開 (2010)」のカール・ジョーンズ。「Freaknik」はあんなに面白かったのに、なんで??いやアニメは無茶苦茶カッコ良かった。そういえば、トミー・デビットソンも出ていた。芸達者な人でなにやらせても面白いのに、なんで????なんていうか、ケルがこの役をやるのには、少し年を取り過ぎているのですわ。

先日、やっとテレビ放映された「ソウルトレイン・アワード」の司会だったセドリック。踊ってましたねー。こういう体系の人が踊ると面白いんですよねー。ビヨンセの真似する渡辺直美とか太麺の柔道着でビヨンセの曲で踊っていた人とかも... セドリックが出ていたせいか、ケル・ミッチェルも舞台に立って、有名なスクランブル・ボードやってました。この2人、仲良いのかもしれないですね。

とにかくなんでこの面子でこんなに面白くないの?と思ってしまう程です。なんで?????あ、途中でケルが役名じゃなくて、本名の「Ty」で呼んでしまう場面とかもあった。最後の曲がケルとセドリックの悪ふざけ。あそこまでいってしまうと、ちょっと笑ってしまいますが... そこだけでしたね。エキストラを募集していた教会のシーン、やっぱり人があんまり集まってませんでしたねー。行けば良かったかな... いや、行かなくて良かったかな... 

感想やあらすじはこちら

(2.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)