SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Help / ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (2011)

Cast >> Emma Stone (Eugenia "Skeeter" Phelan), Bryce Dallas Howard (Hilly Holbrook), Viola Davis (Aibileen Clark), Octavia Spencer (Minny Jackson), Cicely Tyson (Constantine Jackson), David Oyelowo (Preacher Green),Aunjanue Ellis (Yule Mae Davis) ...
Director >> Tate Taylor
Writer >> Kathryn Stockett (novel), Tate Taylor
Producer >> Chris Columbus, Michael Barnathan, Michael Radcliffe
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 4

Cry me a river, white people...
スキーター(エマ・ストーン)は大学を卒業し、作家を目指して故郷のミシシッピー州ジャクソンに戻ってきた。友人のヒリー(ブライス・ダラス・ハワード)をはじめみんなが結婚し所帯を持っていた。母や友人にプレッシャーを掛けられるが、スキーターは新聞社の主婦向けのアイデアを紹介するコラム担当になって嬉しかった。家事の経験のないスキーターは、友人宅で働くメイドのアイビリーン(ヴァイオラデイビス)に色々と情報を貰うのだった。スキーターは友人達がメイド達をぞんざいに扱う姿を見て、アイビリーンにメイドとして働くという事を語って欲しいと頼む。そのメイド達の声を一冊の本にしたいと思うスキーターだった。しかしアイビリーンは頑なに断る。ミシシッピーでそのような事をすれば、リンチされ死が待っていたからだった。

上映前から現代にもなって黒人女性がメイドを演じる事で論争にもなった作品。しかしメイド役を演じたヴァイオラデイビスは、是非見て判断して欲しいと同胞達に語った。私もどうせまた「しあわせの隠れ場所」の二の舞なんじゃないかという色眼鏡で見た。確かに未だにマミーのイメージが消されているわけではないが、それを払拭するに等しい面白さがあった。アイビリーンはヒーローじゃないが、スキーターもヒーローじゃない。彼女2人には今となってはごく普通のモラルとホンの少しの勇気があっただけだった。この映画の面白さは物語そのものよりも、演技に頼る所が大きい。芯の強い女性を演じたヴァイオラデイビス、そして愛らしいエマ・ストーン、映画史上最高に豪快なイタズラで笑わせてくれたオクタビア・スペンサー、完璧な母親像ではないけれど現実的な母親を演じたアリソン・ジャニー、完璧な悪役を演じたブライス・ダラス・ハワード、か弱い女性を演じたジェシカ・チャステイン、みんなが素晴らしかった。でも何といってもシシリー・タイソン。彼女が居るだけで威厳を感じた。

完璧な物語ではないけれど、中々面白い物語になっている。しかし白人の人たちは自分達の罪をサディストに描写するのがお好きですね。

(10/8/11:劇場にて鑑賞)