SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Everything Must Go / 日本未公開 (2011) 922本目

ウィル・フェレル主演の映画。なんとビギーの息子クリストファー・J・ウォレスが共演。ウィル・フェレル、好きなんですよー。と言いながら、ついついウィル・ファレルと書いてしまうんですよ。はてなウィル・フェレルのキーワードは私が作っているのに!!ですよ、間違えるんですよ。フェレルとファレル、アランとアレン...そして水野真紀水野美紀... 世の中には混乱してしまう名前が氾濫しておりますです。

ウィル・フェレルはカリフォルニア生まれで育ちなので、いつもカリフォルニアを感じさせる底抜けに明るい天真爛漫な馬鹿を演じてきた。その代表作がジョージ・W・ブッシュ(テキサス出身だけど天真爛漫な馬鹿という意味で)だと思う。今回は割りと暗い役を演じております。ウィルが演じたのが、ニックというアル中で会社をクビになってしまう男。まあある意味最低な男。会社は16年も勤め、役職にもついていた。でもアル中で酒乱。会社をクビになって、家に帰ると、妻はニックの私物をすべて庭に出して、鍵も変えてしまって家にも入れない状態に。妻はとっくに家を出ていた。車も会社から支給されていた車で、一ヶ月は使わせてくれる予定だったが、ニックは馬鹿だから余計な事して会社を怒らせてしまい、車も没収。仕方なく、庭に出された自分専用のソファで寝る事にする。朝起きて途方にくれていると、クリストファー・J・ウォレスが演じたケニー少年がやってくる。ケニーのママはニックの家の近くの家で老人の看病をする仕事をしている。その間、ケニーは一人でその辺をプラプラしている。面白そうだから、ニックを少しちょっかい出す。ニックも仕方なく、自分が買い物とか用を済ませる間の自分の荷物を見張り番をケニーにやらせる。結局、自分の荷物を売る事にし、ケニーはそのままアシスタントとして雇われる。ニックは時給のほかにケニーに野球を教える事になる。そしてニックは更にケニーにセールスの心得の本を読むように言う。まあでも、ニックにとってケニーという存在も最初は面倒だと思っていた。ニックも暇つぶしのつもりでケニーに接していた。

と、文字通り、ニックは一瞬にして全てを失った男。まあ自業自得な部分もありますが、そこまで...という部分もあります。でもそんな状況だからこそ、このニックを成長させていくのです。いつものウィル・フェレルのテンションではありませんが、これはこれで面白かった。たまにウィル・フェレルだなーと思うところも節々にある。あと面白かったのが、高校の卒業アルバムに好意あるメッセージを書いてくれた女性の所に行く場面。彼女は現在シングルマザーで子供を育てていて、若い時には日本でブラット・ピットとCMで共演したと語っているのです。日本だけでモデルやる外国人女性多いからね。

ビギーの息子のクリストファー・J・ウォレス、いいんだ!パパビギーは確かこのクリストファー君ぐらいの年のころには、ドラッグを売り始めてラッパーになると決めていたと思うのだけど、このクリストファー君には俳優の道を進んで欲しいね。まあ今回は彼の素人ぽさが、上手く生かされた部分も多いけれど、存在感といい雰囲気といい、絶妙でいい感じなんです。ストリートスマートなんだけど、純粋さも多々あって、愛くるしい!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4点/5点満点中:DVDにて鑑賞)