SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

トロイ・デイビス

私がトロイ・デイビスについて知ったのは2008年の10月でした。なんて酷いニュースなんだろうと思って、人に知ってもらいたくてここのブログにも書いた。私自身、あの時は死刑になるというけれど、どうにか最後には正義が勝つと信じていた。あの時このニュースを聞いて思い出したのが、エディ・マーフィマーティン・ローレンスの隠れた名作「Life / エディ&マーティンの逃走人生 (1999)」。エディ・マーフィの映画の中では1・2を争う程好きな映画。この映画でエディ・マーフィマーティン・ローレンスの2人は、「たまたま居た場所が悪かった」ので殺人の罪を被り、冤罪で40年の刑務所暮らしをする事になる。老人となった2人の姿が切ない。でも最後には心が晴れるようなエンディングになっている。トロイ・デイビスももう20年も刑務所に居るけれど、この映画のようなエンディングになってくれるんじゃないかと思ってました。舞台はノースカロライナだが、トロイ・デイビスと同じように20年間戦い無実を勝ち取った「The Trials of Darryl Hunt / 日本未公開 (2007)」も居る。今回舞台となったジョージア州の死刑囚と言えば「Hope & Redemption: The Lena Baker Story / 日本未公開 (2008)」である。彼女はジョージア州電気椅子で死刑となった最初の女性であり、女性唯一の死刑囚である。

しかし多くの人の願い虚しく、本日アメリカ時間の9月21日午後10時53分に注射により薬殺が開始され、11時8分に死亡が確認された。

本来なら7時から死刑が開始される予定だったが、ジョージア州最高裁デイビスの弁護士の執行猶予の要請の審議で一時的に伸ばされた。その時にはデモの為に死刑執行の場所の周りには多くの人々が集まり、そのニュースを聞いた時に集まっていた人々から拍手が起き興奮状態となっていた。

トロイ・デイビスについては、早くからNAACPとアムネスティが支援の為に立ち上がり、ジミー・カーター元大統領やデズモンド・ツツベネディクト16世等も支援していた。そしてこのニュースをライブ中継していたデモクラシー・ナウ!のインタビューでは、NAACPの現会長であるベン・ジェラスが「オバマ大統領もこの件については知っている。大統領は法も勉強していたのでもちろん詳しい。詳しくは話せないが、大統領の力を持っても覆せないんだ。彼が言うには全ては最高裁によるもの」と話していた。黒人社会の中では、今回オバマ大統領が何もコメントしない事に絶望している人も多い。「The Jacksons: An American Dream / 日本未公開 (1992)」でマイケル・ジャクソンの小さい頃を演じていたジェイソン・ウィーバーは「オバマが今回デイビスを死刑にしたら、2012年の選挙では俺の投票を期待しないでくれよ」と書いた(後に削除)。これは他の人も何人か同じような事を書いていたのを見かけた。

そして今回ツイッターで私が多く見かけたのが、先の裁判で自分の娘を殺した容疑の裁判で無罪となったケイシー・アンソニーとの比較。ケイシー・アンソニーは逆に物的な証拠などもあったのに、無実となった。この裁判の時には逆に第2のOJシンプソン裁判と話題になった。そのケイシー・アンソニー、執筆の契約をしたとの事で彼女には大金が入る予定。呆れたものである。

今回、このニュースを大体的に知ってもらうために活躍したのが、ヒップホップの御大ラッセル・シモンズである。彼は朝早くからこのニュースについてツイッターで流した。そのシモンズのツイッターを見たフォロワーであるほかの有名人が触発されて、リツイート。「Night Catches Us / 日本未公開 (2010)」ジェイミー・ヘクターがその映画で共演し起きてツイートしていたウェンデル・ピアースにメンションで知らせていたりしていたのを見かけた。そして早くからアウトキャストのビック・ボーイもツイッターで参加。ビック・ボーイはまさにその現場であるジョージア州出身。最初は現場に4時までに向かう予定だったが、待てない!とすぐに家のあるアトランタを出て現場に駆けつけた。デモクラシー・ナウ!のインタビューにも答えていた。現場でツイッターを使って、多くの情報を共有していたのもビック・ボーイだった。

活躍したツイッターだったが、残念ながらツイッターは今回「Troy Davis」というハッシュタグをブロックし、トレンド入りさせないようにしているという噂が出た。しかしツイッター側はそれを否定。しかし、なぜかトロイ・デイビスは入らないが、それに付随したケイシー・アンソニーや死刑という言葉がトレンド入りしていた。噂が流れてから1時間程で、ようやくなぜか「Who is Troy Davis(トロイ・デイビスとは?)」という言葉がトレント入りしていた。

先にも書いたNAACPの会長ベン・ジェラスは、NAACPの会員にメールで今回の件の事を「世界中がトロイ・アンソニーデイビスの名前を覚える事になるだろう。無実の男を殺し、殺人者を自由にさせているとう破壊された司法システムのシンボルとして彼の死は生き続ける事になる」と書いていた。

アメリカは自由だといつも言われる。自由かもしれないが、正義や公正という言葉は全くない事が今回のトロイ・デイビス、そしてケイシー・アンソニーの事件でよく分かったように思える。残念だけど。今回、デモで使われたのが「I am Troy Davis(私もトロイ・デイビスだ)」という言葉。私だって貴方だって「たまたま居た場所が悪かった」で事件に巻き込まれて、何十年も刑務所で暮らし殺される可能性だってあるという事。

Let me tell you about Troy Davis, it goes like this... - ::SOUL:: :ブラック・ムービー:Black Movie:
死刑囚トロイ・デイビス | SOUL +
死刑囚トロイ・デイビス - ::SOUL:: :ブラック・ムービー:Black Movie:

Troy Davis | Democracy Now!