SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Yeelen / ひかり (1987)

Cast >> Issiaka Kane (Niankoro, le fils), Aoua Sangare (Attou, la jeune femme Peul), Niamanto Sanogo (Soma le pere / Djigui the twin), Balla Moussa Keita (Rouma Boll, le roi Peul) ...
Director >> Souleymane Cisse
Writer >> Souleymane Cisse
Producer >> Souleymane Cisse
Genre >> Fantasy

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Heat makes fire and the two worlds (earth and sky) exist through light
ニャンコロ(イシアカ・カネ)は母(クンバ・トラオレ)と2人でひっそりと暮らしている。ニャンコロには魔術の力が宿っていたのだった。息子の力を恐れた父が息子を殺そうして追っているので、2人はずっと逃げている。大きくなった息子へ母からの願いで、伯父に会いに行く事になり、母と別れた。一人で伯父のところに向かうが、途中の村で牛泥棒と間違えられて捕まってしまう。しかし魔術を使って村を助けると、今度は村長から中々妊娠しない若い妻アトゥ(アク・サンガレ)が男の子を授かるようにしてくれと頼まれるが...

マリ出身の監督スレイマン・シセ監督の詩的なファンタジー映画。シセ監督初のカンヌ映画祭受賞作品。シセ監督は後にこの映画を作ったいきさつを語り、フェスパコを受賞した「Baara」と「Finye」が余りにも政治的だった為にこの映画ではそれを和らげる必要があったとの事。政治的として知られ、ウスマン・センベーヌの後継者とまで言われたシセ監督が、この映画でカンヌ映画祭の審査員賞を受賞とは随分と皮肉な結果だ。しかし監督はこの映画で古きと新しきもの、人生と死という両極端な物を見事に描写している。また未来を感じる象徴的なものを物語に残し、感動を与えてくれる。

信じられない位のロングショットがアフリカ映画独特のキャラクター描写となっている。それは時にドキュメンタリーのような生々しさと、そして真実の美しさをフィルムに残している。

(5/18/11:DVDにて鑑賞)